2022.07.25

IT用語

画像

IT用語で画像とは、デジタルの静止画のことです。

画像は、スマートフォンやデジタルカメラでの撮影、イメージスキャナでの読み取りなどで作ることができます。一般的には、画素ドットピクセル)を格子状に並べたットマップ形式のものを画像と呼びます。 また、画像ファイルとして保存したものを画像ファイルといいます。

画像ファイルの種類は様々で、JPEG/PNG/TIFF/BMP/GIF形式がよく使われています。各画像形式の特徴は、「画像フォーマット」を参照してください。

関連コンテンツ

ビットマップ画像を構成する画素に赤(R)、緑(G)、青(B)の他に透過(A)を指定することができます。詳しくは、こちら。

2値化は、画像処理の1つの方法で、カラー画像を2つ色だけで表現する画像に変換することです。この画像処理をJavaで作ってみませんか?

2値化は、画像処理の1つの方法で、カラー画像を2つ色だけで表現する画像に変換することです。この記事では、2値の画像メモリを使って変換しています。

画像の中心座標の計算方法を図を使って詳しく解説しています。興味のある方は、この記事をご覧ください。

フルカラー(16,777,216通りの色)から選択した複数の色に、色番号を割り当てたテーブルをカラーマップといいます。

カラー画像の輪郭だけを残すプログラムを作ってみませんか?

コンピュータに保存されたファイルを特定するための名前がファイル名です。その付け方は?

ファイルは、データを取り扱うとき管理単位の一つで、ハードディスク、SSD,USBメモリ、CD/DVD/ブルーレイなどの記憶媒体に保存するときに使われます。詳しくは、記事をご覧ください。

一般に使われている画像の色の種類ってどんなものがありますか?。色の種類ごとの用途も説明しています。

一般に使われている画像フォーマットには、いろいろな種類があります。画像フォーマットBMP、JPEG、PNG、GIF、TIFFの特徴を知ってますか?

一般的に日本で使われているA判とB判の用紙を画像にしたときの、用紙サイズと解像度と画素数(ピクセル)の関係を表にまとめました。

市松模様の画像をJavaで作ってきませんか?サンプルソースを使って、作り方を詳しく説明しています。

非圧縮とは、データに対してデータサイズを小さくする圧縮しないことです。詳しくは、記事をご覧ください。