Javaプログラミング学習サイト ゆるゆるプログラミング

2020/03/23 公開

・画像の座標系

画像は、色情報(画素)が集まったもので、それらの色情報は座標(x,y)から取得することができます。ここでは、座標(x,y)と色情報の関係について解説します。

画像の座標系はx軸y軸の2の座標軸で表され、x軸は横方向の直線で、y軸は縦方向の直線で表します。この2つの軸は直角に交わっていて、その交点を原点oと呼びます。そして、その原点の座標は、(0,0)です。

x軸は、原点oより右をプラス左をマイナスの数値で表します。y軸は、原点oより下をプラス上をマイナスの数値で表します。下の図は、画像座標系を表しています。

画像座標系画像座標系

この座標系は、数学で使われる座標系とは違い、y軸の向きが逆になっています。数学座標系y軸は、原点oより上がプラス下をマイナスの数値で表します。下の図は、数学座標系です。

数学座標系数学座標系

それでは、画像の座標系について、もう少し詳しく説明していきます。

画像の場合、座標は整数値で表され、”幅””高さ"ピクセル数で範囲が与えられています。この範囲の外の座標には、色情報を持っていません。

色情報を持っているx座標の範囲は0~幅のピクセル数-1y座標の範囲は0~高さのピクセル数-1です。下図は具体的な例で、幅5ピクセル・高さ3ピクセルの画像の座標を表したものです。この場合は、x座標の範囲は0~4で、y座標の範囲は0~2です。

画像の座標画像座標

■その他の座標系

極座標系 極座標系について解説

■関連コンテンツ

画像の大きさの取得 画像の横と縦のピクセル数を取得する方法について解説
画像ファイル形式 画像ファイル形式について解説
画像処理とは 画像処理とは何かを解説
数学座標→画像座標変換 数学xy→画像xy
光と色の3原色の考え方を解説-画像

光と色の3原色

光の3色(RGB)の混合と、インクの3色(CMY)の混合の考え方を説明しています。

画素について説明-画像

画素

画素とは、デジタル画像データを構成している色情報を持った点のことです。

■新着情報

2021.09.24 配列の値が全て同じか? 全ての配列値の一致確認

■広告

Topへ