2020/3/23

円の面積計算

はじめに

半径円周率π)から円の面積を計算するプログラムを解説します。

円の面積は、半径×半径×円周率でで計算できます。円周率は「π(パイ)」と呼ばれ、その値は

3.141592…

で、小数点以下は無限に続きます。

円の面積計算

Javaソースコード

ここでは、キーボードから半径を入力して、円の面積を表示するプログラムを紹介します。

AreaofCircle1.java

001
002
003
004
005
006
007
008
009
010
011
012
013
014
015
016
017
018
019
020
021
import java.util.Scanner;

public class AreaofCircle1 {
	public static void main( String[] args ) {
		double r;	// 半径
		double area;	// 面積

		// キーボード入力
		Scanner scanner = new Scanner(System.in);

		// 半径の入力
	        System.out.print( "半径:" );
		r = scanner.nextDouble();

		// 円の面積計算 (半径×半径×円周率)
		area = r * r * Math.PI;

		// 円の面積を表示
		System.out.println( "円の面積:" + area );
	}
}

実行結果

コンパイル ソースコードが「ANSI」の場合

C:\talavax\javasample>javac -encoding sjis AreaofCircle1.java

コンパイル ソースコードが「UTF-8」の場合

C:\talavax\javasample>javac AreaofCircle1.java

実行

C:\talavax\javasample>java AreaofCircle1

実行結果

半径10をキーボードから入力して円の面積を計算した結果です。

半径:10
円の面積:314.1592653589793

Javaソースコードの解説

ここからは、このソースコードを上から順番に解説していきます。

001
import java.util.Scanner;

Javaクラスライブラリの中から「java.util.Scanner」というパッケージにあるクラスを、このプログラム内で使うために記述します。 この記述により、Scannerクラスが利用できるようになります。これでキーボードから値の入力が行えるようになります。

003
public class AreaofCircle1 {

クラス名を、AreaofCircle1としています。

004
	public static void main( String[] args ) {

このmainメソッドからプログラムを実行します。

005
006
		double r;	// 半径
		double area;	// 面積

このプログラムで使う変数を宣言しています。

008
009
		// キーボード入力
		Scanner scanner = new Scanner(System.in);

Scannerクラスを作成しています。

011
012
013
		// 半径の入力
	        System.out.print( "半径:" );
		r = scanner.nextDouble();

キーボードから入力した半径の値をdouble型変数rに代入します。入力した値が数値で無い場合、エラーを表示してプログラムを強制終了します。

015
016
		// 円の面積計算 (半径×半径×円周率)
		area = r * r * Math.PI;

円の面積計算した値をdouble型変数rに代入しています。面積計算に使う円周率は、Java定数Math.PIの値を使っています。

Math.PI定数

public static double Math.PI
・円周率πの値
  3.141592...
018
019
		// 円の面積を表示
		System.out.println( "円の面積:" + area );

円の面積計算を表示しています。

Javaソースコード(計算部分をメソッドにしたもの)

次に、円の面積を計算する処理をメソッドにしたJavaソースコードを紹介します。

AreaofCircle2.java

001
002
003
004
005
006
007
008
009
010
011
012
013
014
015
016
017
018
019
020
021
022
023
024
025
026
027
028
029
030
031
032
033
034
035
import java.util.Scanner;

public class AreaofCircle2 {
	// 円の面積を求めるメソッド
	// r : 半径
	public static double calc_AreaofCircle( double r )
	{
		double area;

		// (半径×半径×円周率)
		area = r * r * Math.PI;

		return area;
	}


	// メイン
	public static void main( String[] args ) {
		double r;	// 半径
		double area;	// 面積

		// キーボード入力
		Scanner scanner = new Scanner(System.in);

		// 半径の入力
	        System.out.print( "半径:" );
		r = scanner.nextDouble();

		// メソッドを呼んで円の面積計算
		area = calc_AreaofCircle( r );

		// 円の面積を表示
		System.out.println( "円の面積:" + area );
	}
}

実行結果

コンパイル ソースコードが「ANSI」の場合

C:\talavax\javasample>javac -encoding sjis AreaofCircle2.java

コンパイル ソースコードが「UTF-8」の場合

C:\talavax\javasample>javac AreaofCircle2.java

実行

C:\talavax\javasample>java AreaofCircle2

実行結果

半径10をキーボードから入力して円の面積を計算した結果です。

半径:10
円の面積:314.1592653589793

出力結果は、AreaofCircle1.javaと同じです。

Javaソースコードの解説

それでは、このソースコードを上から順番に解説していきます。

001
import java.util.Scanner;

Javaクラスライブラリの中から「java.util.Scanner」というパッケージにあるクラスを、このプログラム内で使うために記述します。 この記述により、Scannerクラスが利用できるようになります。これでキーボードから値の入力が行えるようになります。

003
public class AreaofCircle2 {

クラス名を、AreaofCircle2としています。

004
005
006
007
008
009
010
011
012
013
014
	// 円の面積を求めるメソッド
	// r : 半径
	public static double calc_AreaofCircle( double r )
	{
		double area;

		// (半径×半径×円周率)
		area = r * r * Math.PI;

		return area;
	}

引数とした与えられた半径rと円周率円の面積を計算して戻すメソッドです。

017
018
	// メイン
	public static void main( String[] args ) {

このmainメソッドからプログラムを実行します。

019
020
		double r;	// 半径
		double area;	// 面積

このプログラムで使う変数を宣言しています。

022
023
		// キーボード入力
		Scanner scanner = new Scanner(System.in);

Scannerクラスを作成しています。

025
026
027
		// 半径の入力
	        System.out.print( "半径:" );
		r = scanner.nextDouble();

キーボードから入力した半径の値をdouble型変数rに代入します。入力した値が数値で無い場合、エラーを表示してプログラムを強制終了します。

029
030
		// メソッドを呼んで円の面積計算
		area = calc_AreaofCircle( r );

円の面積計算した値をdouble型変数areaに代入しています。

032
033
		// 円の面積を表示
		System.out.println( "円の面積:" + area );

円の面積計算を表示しています。

以上です。

面積計算のコンテンツ

面積について詳しく解説しています。いろいろな図形の面積計算のリンク付き。

2019.10.7

底辺と高さを使った三角形の面積を計算する方法を説明しています。図を使って詳しく解説しています。

2020.03.23

平行四辺形の面積を計算する方法を説明しています。図を使って面積の計算方法をくわしく解説しています。

2020.03.23

台形の面積を計算する方式を使って面積を計算する方法を説明しています。Javaのソースコードと図を使って計算方法をくわしく解説しています。

2020.03.23

1つの辺の長さから正三角形の面積を求める公式を使って面積を計算します。面積を計算する公式を図を使ってくわしく解説しています。

2020.03.23

1つの辺の長さから正三角形の面積を求める式の導き方を説明しています。興味のある方は、記事をご覧ください。

2020.03.23

ヘロンの公式は、三角形の3つの辺の長さから面積を計算する公式です。この公式を使って三角形の面積を計算するjavaソースコードを紹介しています。

2020.03.23

円を小さな台形に分割して、その面積の合計で円周率πを計算する方法を紹介しています。図とJavaのソースコードでくわしく説明しています。

2019.06.21

1+2+3+ … +Nを計算する公式と、その導き方を掲載しています。面積を使って公式を導いています。

2021.07.07

関連コンテンツ

キーボードを使って実数値(double)を入力する方法を解説しています。Scannerクラスを利用しています。

2023.03.09

キーボードを使って整数値を入力する方法を解説しています。Scannerクラスを利用しています。

2023.03.08

変数やクラスに格納されている値をコンソール出力する方法は?

2020.03.23

プログラムの最初に実行されるメソッドは?

2022.12.13

プログラミングで使う変数って何?

2020.03.23

Javaのプログラムを書いてみませんか?プログラムの書き方をくわしく説明しています。

2020.03.23

「Javaソースコード」から実行可能な「オブジェクトコード」に変換する方法をくわしく説明しています。

2020.03.23

メソッドを抜けるときに使用するreturn文について説明しています。

2020.03.20

円周率、πってどうゆう意味?

2020.03.23

円の直径と半径について図を使って詳しく解説しています。

2020.03.23

プログラミング言語とは?種類や特徴について説明しています。

2022.08.03

Javaプログラムの構成について解説しています。詳しくは、こちらをご覧ください。

2020.03.23

面積について詳しく解説しています。いろいろな図形の面積計算のリンク付き。

2019.10.7

メソッドの定義方法を詳しく解説しています。Javaのサンプルソースコードを使った説明もあります。

2020.03.23

「ゆるゆるプログラム」のコンテンツを紹介しています。興味のある方はこの記事をご覧ください。

2020.03.23

Javaの学習に役立つソースコードを多数紹介しています。是非、ご覧ください。

2022.09.10

Javaを使った簡単な応用プログラム(生年月日から年齢を計算プログラムなど)を紹介しています。

2022.07.07

Swingパッケージを使ってグラフィック表示を行う方法を解説しています。

2020.03.23

画像フォーマット形式・色・大きさ・傾きなどの変更、特定の図形(文字・記号など)を見つけたり、取り出したりする画像処理について詳しく解説。

2015.11.29

三角形、台形、円などいろいろな図形の面積を計算するプログラムを紹介しています。詳しくは、記事をご覧ください。

2021.05.18

配列を使うJavaソースコードを多数紹介しています。

2021.05.18

繰り返し処理を使ったJavaのソースコードサンプルを紹介しています。

2020.03.23

数学に関係するJavaのメソッドやソースコードなどを紹介しています。

2022.10.25

StringクラスとStringBuilderクラスを利用したプログラミングの仕方を紹介しています。

2016.12.16

日本で使われてきた伝統文様「和柄」について解説しています。

2022.07.27

プログラミング、ITに関する用語をまとめています。

2022.10.17

円を小さな台形に分割して、その面積の合計で円周率πを計算する方法を紹介しています。図とJavaのソースコードでくわしく説明しています。

2019.06.21

広告