Javaプログラミング学習サイト ゆるゆるプログラミング

2017/03/04 公開

・減色

減色とは、デジタル画像で使われている色数を減らすことでです。例えば、フルカラー画像(16,777,216色)を2色/4色/8色/16色/256色のように色数を減らした画像に変換することです。この処理の主な目的は、画像ファイルのサイズを減らすことです。

減色処理減色処理

上の図でわかるように、減色された画像は元の画像に比べて画質が落ちます。用途に応じた色数を決定してください。

画像の用途は、「画像の色」を参考にしてください。

減色の方法は、「減色処理(メディアンカット)」を参考にしてください。

■関連コンテンツ

画像の色 画像の色について解説
減色処理(メディアンカット) メディアンカットのJavaソース
画像の座標系 画像の座標系について解説
画像処理とは 画像処理とは何かを解説
光と色の3原色の考え方を解説-画像

光と色の3原色

光の3色(RGB)の混合と、インクの3色(CMY)の混合の考え方を説明しています。

画素について説明-画像

画素

画素とは、デジタル画像データを構成している色情報を持った点のことです。

■新着情報

2021.06.23 配列の初期値 配列の生成直後の値は?
2021.06.18 変数の初期値 変数に値を代入しないで計算

■広告

Topへ