2024.06.19

値上げ率の計算

はじめに

2024年6月現在、値上げラッシュが続いています。石油などの燃料、電気/ガス/水道などの公共料金、食品、各種サービスなど幅広い分野で値上げの動きが広まっています。

ここでは、値上げ率、つまり「何%値上げした」とはどうことかを説明します。また、値上げ率Javaソースコードを使って実際に計算する方法を解説します。

値上げ率とは?

値上げ率は、値上げ後の値段が、元の値段値上げ前の値段)からどれだけ上がったかを表す割合です。この割合は、%(パーセント、パーセンテージ)で表すことが一般的です。

値上げ率を理解するために、最初に値上げ額について説明します。

値上げ額は、上がった値段なので、

	値上げ額 = 値上げ後の値段 - 値上げ前の値段

で計算することができます。

例えば、値上げ後の値段が\11,000で、値上げ前の値段が\10,000の場合、値上げ額は以下のように計算することができます。、

	値上げ額 = 値上げ後の値段 - 値上げ前の値段 = \11,000 - \10,000 = \1,000

値上げ額は、\1,000です。

次に値上げ率について説明します。

値上げ率は、値上げ前の値段からどれだけ上がったかを表す比率です。

この比率を計算式で表すと、

	値上げ率 = 値上げ額 ÷ 値上げ前の値段

となります。

また、値上げ額を、値上げ後の値段値上げ前の値段で表すと、

	値上げ率 = ( 値上げ後の値段 - 値上げ前の値段 ) ÷ 値上げ前の値段

となります。

値上げ率を%(パーセント、パーセンテージ)で表す場合は以下の式で計算します。

	値上げ率(%) = ( 値上げ後の値段 - 値上げ前の値段 ) ÷ 値上げ前の値段 × 100

最後に100を掛けで%にします。

これで、何%値上ったかを計算することができます。

Javaソースコード

以下は、値上げ前の値段値上げ後の値段から値上げ率を計算するJavaソースコードです。

Neageritsu1.java

001
002
003
004
005
006
007
008
009
010
011
012
013
014
015
016
017
018
019
020
021
022
023
024
025
026
027
028
029
030
031
032
033
034
035
036
037
038
039
import java.util.Scanner;

public class Neageritsu1
{
	// 値上げ額の計算
	// 値上げ後の値段 money_ato から 値上げ前の値段 money_mae を引く
	private static int Neagegaku( int money_ato, int money_mae  )
	{
		return money_ato - money_mae;
	}


	// 値上げ率の計算
	private static double Neageritsu( int money_ato, int money_mae )
	{
		// 値上げ額を値上げ前の値段で割って計算
		// 整数の値を(double)で型キャストして計算
		return  (double)Neagegaku( money_ato, money_mae ) /  (double)money_mae;
	}


	// メイン
        public static void main( String args[] )
        {
		// キーボードから入力
		Scanner scan = new Scanner( System.in );
		
		// 入力した値をmoney_maeとmoney_atoに代入
		System.out.print( "値上げ前の値段をキーボードから入力してください:");
		int money_mae = scan.nextInt();
		System.out.print( "値上げ後の値段をキーボードから入力してください:");
		int money_ato = scan.nextInt();

		System.out.println( "値上げ前の値段  :" + money_mae );
		System.out.println( "値上げ後の値段  :" + money_ato );
		System.out.println( "値上げ率        :" + Neageritsu( money_ato, money_mae ) );
		System.out.println( "値上げ率(%)     :" + Neageritsu( money_ato, money_mae ) * 100.0 );
        }
}

コンパイル ソースコードが「ANSI」の場合

C:\talavax\javasample>javac -encoding sjis Neageritsu1.java

コンパイル ソースコードが「UTF-8」の場合

C:\talavax\javasample>javac Neageritsu1.java

実行

C:\talavax\javasample>java Neageritsu1

実行例(値上げ前の値段\10,000、値上げ後の値段\11,000で値上げ率を計算)

値上げ前の値段をキーボードから入力してください:10000
値上げ後の値段をキーボードから入力してください:11000
値上げ前の値段  :10000
値上げ後の値段  :11000
値上げ率        :0.1
値上げ率(%)     :10.0

値上げ前の値段に10000、値上げ後の値段に11000を入力して、値上げ率0.1と値上げ率(%)10.0が計算できています。

Javaソースコードの解説

ここから、ソースコードを解説していきます。

001
import java.util.Scanner;

Javaクラスライブラリの中から「java.util.Scanner」というパッケージにあるクラスを使うために記述しています。

003
public class Neageritsu1

クラス名を、Neageritsu1としています。

005
006
007
008
009
010
	// 値上げ額の計算
	// 値上げ後の値段 money_ato から 値上げ前の値段 money_mae を引く
	private static int Neagegaku( int money_ato, int money_mae  )
	{
		return money_ato - money_mae;
	}

これは、値上げ額を計算するメソッドNeagegakuです。

値上げ後の金額money_atoと値上げ前の金額money_maeを渡して、値上げ額を計算しています。

money_atoからmoney_maeの金額を引いて計算した値上げ額return文で戻しています。値上げ後の金額money_atoが、値上げ後の金額money_maeよりも小さい場合、マイナスの値を戻します。

013
014
015
016
017
018
019
	// 値上げ率の計算
	private static double Neageritsu( int money_ato, int money_mae )
	{
		// 値上げ額を値上げ前の値段で割って計算
		// 整数の値を(double)で型キャストして計算
		return  (double)Neagegaku( money_ato, money_mae ) /  (double)money_mae;
	}

これは、値上げ率を計算するメソッドNeageritsuです。

値上げ率は、Neagegakuメソッドで計算した値上げ額を、値上げ前の金額money_maeで割って計算しています。

値上げ率double型の値を戻すメソッドなので、値上げ額であるNeagegaku( money_ato, money_mae )と値上げ前の金額money_maeの前に(double)を付けて、double型に変換して計算しています。

値上げ率の計算はmoney_maeで割り算を行いますが、このメソッドではmoney_maeが0であるかの検査は行っていません。

money_maeが0の場合、結果は無限大(Infinity)になります。

022
023
024
	// メイン
        public static void main( String args[] )
        {

このmainメソッドからプログラムを実行します。

025
026
		// キーボードから入力
		Scanner scan = new Scanner( System.in );

標準入力System.inを使って、Scannerクラスのscanを初期化しています。

028
029
030
		// 入力した値をmoney_maeとmoney_atoに代入
		System.out.print( "値上げ前の値段をキーボードから入力してください:");
		int money_mae = scan.nextInt();

nextIntメソッドで、キーボードから入力された1行を読み取り、その値を値上げ前の値段を格納するint型変数money_maeに代入しています。

ここで、入力待ち状態になり、Enterキーが押されるまでに入力した値が変数money_maeに格納されます。

キーボードの"Ctrl"キーを押しながら"C"を押すと強制終了します。

031
032
		System.out.print( "値上げ後の値段をキーボードから入力してください:");
		int money_ato = scan.nextInt();

nextIntメソッドで、キーボードから入力された1行を読み取り、その値を値上げ後の値段を格納するint型変数money_atoに代入しています。

ここで、入力待ち状態になり、Enterキーが押されるまでに入力した値が変数money_atoに格納されます。

キーボードの"Ctrl"キーを押しながら"C"を押すと強制終了します。

034
035
036
037
		System.out.println( "値上げ前の値段  :" + money_mae );
		System.out.println( "値上げ後の値段  :" + money_ato );
		System.out.println( "値上げ率        :" + Neageritsu( money_ato, money_mae ) );
		System.out.println( "値上げ率(%)     :" + Neageritsu( money_ato, money_mae ) * 100.0 );

結果をコンソール出力しています。

Javaソースコード - 金額の変数にlong型を使用

上で掲載している「Neageritsu1.java」は、int型変数に金額を格納しているので、扱える金額の最大は\2,147,483,647です。(21億4千7百4十8万3千6百4十7

このソースコードは、int型で計算できる最大値である21億以上の金額を処理するためにlong型を使用したものです。

Neageritsu2.java

001
002
003
004
005
006
007
008
009
010
011
012
013
014
015
016
017
018
019
020
021
022
023
024
025
026
027
028
029
030
031
032
033
034
035
036
037
038
039
import java.util.Scanner;

public class Neageritsu2
{
	// 値上げ額の計算
	// 値上げ後の値段 money_ato から 値上げ前の値段 money_mae を引く
	private static long Neagegaku( long money_ato, long money_mae  )
	{
		return money_ato - money_mae;
	}


	// 値上げ率の計算
	private static double Neageritsu( long money_ato, long money_mae )
	{
		// 値上げ額を値上げ前の値段で割って計算
		// 整数の値を(double)で型キャストして計算
		return  (double)Neagegaku( money_ato, money_mae ) /  (double)money_mae;
	}


	// メイン
        public static void main( String args[] )
        {
		// キーボードから入力
		Scanner scan = new Scanner( System.in );
		
		// 入力した値をmoney_maeとmoney_atoに代入
		System.out.print( "値上げ前の値段をキーボードから入力してください:");
		long money_mae = scan.nextLong();
		System.out.print( "値上げ後の値段をキーボードから入力してください:");
		long money_ato = scan.nextLong();

		System.out.println( "値上げ前の値段  :" + money_mae );
		System.out.println( "値上げ後の値段  :" + money_ato );
		System.out.println( "値上げ率        :" + Neageritsu( money_ato, money_mae ) );
		System.out.println( "値上げ率(%)     :" + Neageritsu( money_ato, money_mae ) * 100.0 );
        }
}

コンパイル ソースコードが「ANSI」の場合

C:\talavax\javasample>javac -encoding sjis Neageritsu2.java

コンパイル ソースコードが「UTF-8」の場合

C:\talavax\javasample>javac Neageritsu2.java

実行

C:\talavax\javasample>java Neageritsu2

以上です。

関連コンテンツ

キーボードを使って値を入力する方法を解説しています。ソースコード付きです。

2020.08.19

メソッドを抜けるときに使用するreturn文について説明しています。

2020.03.20

変数やクラスに格納されている値をコンソール出力する方法は?

2020.03.23

プログラムの最初に実行されるメソッドは?

2022.12.13

プログラミングで使う変数って何?

2020.03.23

Javaのプログラムを書いてみませんか?プログラムの書き方をくわしく説明しています。

2020.03.23

「Javaソースコード」から実行可能な「オブジェクトコード」に変換する方法をくわしく説明しています。

2020.03.23

プログラミング言語とは?種類や特徴について説明しています。

2022.08.03

Javaプログラムの構成について解説しています。詳しくは、こちらをご覧ください。

2020.03.23

メソッドの定義方法を詳しく解説しています。Javaのサンプルソースコードを使った説明もあります。

2020.03.23

Javaの演算子'/'を使って割り算を行った結果と注意点などについて説明。

2020.03.23

計算の結果が∞となるときの表現方法について解説しています。

2016.02.15

キーボードを使って整数値を入力する方法を解説しています。Scannerクラスを利用しています。

2023.03.08

for文で変数名iがよく使われる理由について説明しています。興味のある方は是非。

2022.08.29

2つの値のうち、小さい方の値と、大きい方の値を取得する方法。

2020.03.23

「ゆるゆるプログラム」のコンテンツを紹介しています。興味のある方はこの記事をご覧ください。

2020.03.23

Javaの学習に役立つソースコードを多数紹介しています。是非、ご覧ください。

2022.09.10

Javaを使った簡単な応用プログラム(生年月日から年齢を計算プログラムなど)を紹介しています。

2022.07.07

Swingパッケージを使ってグラフィック表示を行う方法を解説しています。

2020.03.23

画像フォーマット形式・色・大きさ・傾きなどの変更、特定の図形(文字・記号など)を見つけたり、取り出したりする画像処理について詳しく解説。

2015.11.29

三角形、台形、円などいろいろな図形の面積を計算するプログラムを紹介しています。詳しくは、記事をご覧ください。

2021.05.18

配列を使うJavaソースコードを多数紹介しています。

2021.05.18

繰り返し処理を使ったJavaのソースコードサンプルを紹介しています。

2020.03.23

数学に関係するJavaのメソッドやソースコードなどを紹介しています。

2022.10.25

StringクラスとStringBuilderクラスを利用したプログラミングの仕方を紹介しています。

2016.12.16

日本で使われてきた伝統文様「和柄」について解説しています。

2022.07.27

プログラミング、ITに関する用語をまとめています。

2022.10.17

広告