Javaプログラミング学習サイト ゆるゆるプログラミング

2017/02/24 公開

・象限

XY平面座標は、4つの領域に区分されます。その4つの領域は、平面を直交するx軸y軸で仕切ってできる四つの部分のことです。図で表すと以下のようになります。

象限

XとYの両方が正(プラス)の部分が第1象限、Xが負(マイナス)で、Yが正(プラス)の部分が第2象限、XとYの両方が負(マイナス)の部分が第3象限、Xが正(プラス)で、Yが負(マイナス)の部分が、第4象限となります。

下図のように、x軸から反時計周りの角度θの大きさの順番で、第1象限から第4象限になっていくと覚えておくと良いです。

象限の覚え方

■関連コンテンツ

画像の座標系 画像の座標系について解説

■新着情報

2021.06.23 配列の初期値 配列の生成直後の値は?
2021.06.18 変数の初期値 変数に値を代入しないで計算

■広告

Topへ