Javaプログラミング学習サイト ゆるゆるプログラミング

2020/03/23 公開

・三角関数 cos

cos(余弦)とは、単位円半径1)の円周上の任意の点(x,y)と円の中心を結んだ直線と、x軸が作る角度をθとするとき、その円周上のx座標がcosθです。θはx軸からの反時計回り(左周り)の角度(ラジアン)です。

cos

Math.cosメソッド

public static double Math.cos( double a )
■引数aで指定した角度の余弦 (コサイン) を返します。

  パラメータ a : ラジアンで指定した角度。

  戻り値     aの余弦

それでは、ここでMath.cosメソッドを使ったJavaソースコードをみてみましょう。

以下のソースは、角度の単位を度で指定できるcosメソッドを作成した例でです。

Cos1.java ← クリックしてダウンロードページに移動
001:    public class Cos1 {
002:    	// 角度の単位を度で指定できるsin
003:    	static double cos( double deg )
004:    	{
005:    		double rad;
006:    		// 度をラジアンに変換
007:    		rad = Math.toRadians( deg );
008:    
009:    		// コサインを計算
010:    		return Math.cos( rad );
011:    	}
012:    
013:    	// メイン
014:    	public static void main( String[] args ) {
015:    		// コサイン  0度 →  1.0
016:    		System.out.println( cos( 0.0 ) );
017:    		// コサイン 90度 →  0.0
018:    		System.out.println( cos( 90.0 ) );
019:    		// コサイン 60度 →  0.5
020:    		System.out.println( cos( 60.0 ) );
021:    		// コサイン 45度 →  約0.71
022:    		System.out.println( cos( 45.0 ) );
023:    	}
024:    }

Cos1を実行

C:\talavax\javasample>java Cos1

実行結果

1.0
6.123233995736766E-17
0.5000000000000001
0.7071067811865476

ここからは、このソースコードを上から順番に解説していきます。

001:    public class Cos1 {

クラス名を、Cos1としています。

002:    	// 角度の単位を度で指定できるsin
003:    	static double cos( double deg )

角度の単位を度で指定するcosメソッドです。引数のdegには度単位の角度を渡します。

005:    		double rad;
006:    		// 度をラジアンに変換
007:    		rad = Math.toRadians( deg );

角度degをラジアンに変換し変数radに代入しています。この変換にはMath_toRadiansメソッドを使っています。

Math.toRadiansメソッド

public static double Math.toRadians( double a )
■引数aで指定した角度をラジアンに変換した値を返します。

  パラメータ a : 角度(単位:度)

  戻り値     ラジアン

009:    		// コサインを計算
010:    		return Math.cos( rad );

角度radをMath.sinメソッドに渡して、計算結果をreturn文で戻しています。

013:    	// メイン
014:    	public static void main( String[] args ) {

このmainメソッドからプログラムを実行します。

015:    		// コサイン  0度 →  1.0
016:    		System.out.println( cos( 0.0 ) );
017:    		// コサイン 90度 →  0.0
018:    		System.out.println( cos( 90.0 ) );
019:    		// コサイン 60度 →  0.5
020:    		System.out.println( cos( 60.0 ) );
021:    		// コサイン 45度 →  約0.71
022:    		System.out.println( cos( 45.0 ) );

0度、90度、60度、45度を新しく作成したsinメソッドに渡して、printlnメソッドコンソール出力しています。

■関連コンテンツ

ラジアン←→角度 変換 角度、ラジアンの相互変換について解説
逆三角関数 asin asinの意味と、Math.asinの使い方について解説
逆三角関数 acos acosの意味と、Math.acosの使い方について解説
三角関数 計算方法 Mathを使わない三角関数 計算方法
短針と長針の角度 短針と長針の角度は?
値のコンソール表示 print()、println()とは?
sinの意味と、Math.sinの使い方について解説-画像

三角関数 sin

sinの意味と、Math.sinメソッドの使い方をソースコードを使って解説しています。

tanの意味と、Math.tanの使い方について解説-画像

三角関数 tan

tanの意味と、Math.tanメソッドの使い方をソースコードを使って解説しています。

π(パイ)の意味と、Math.PIの使い方について解説-画像

円周率π(パイ)

π(パイ)の意味と、Math.PIの使い方について解説

半径1の円-画像

単位円

単位円は半径が1の円のことです。単位円と三角関数(sinθ、cosθ)の関係についても解説しています。

単位ベクトルとは-画像

単位ベクトル

単位ベクトルは長さが1のベクトルのことです。任意の長さのベクトルを単位ベクトルに変換する方法も解説しています。

■新着情報

2021.06.23 配列の初期値 配列の生成直後の値は?
2021.06.18 変数の初期値 変数に値を代入しないで計算

■広告

 

 

 

 

 

スッキリわかるJava入門第3版 [ 中山清喬 ]

価格:2,860円
(2021/6/18 14:32時点)
感想(6件)

 

 

Topへ