2016.03.05

数学

極座標系

極座標系は、原点からの距離rとx軸から反時計回りの偏角θの組み合わせ(r,θ)で座標を表すものです。

極座標系
極座標

一般的に使われている(x,y)を表現する直交座標極座標の関係式はx=rcosθ、y=rsinθです。これを図で表すと以下のようになります。

直交座標系と極座標系の関係
直交座標系と極座標系の関係

上の関係式の関係の求め方をもう少し詳しく書きます。次の図は、sinθcosθについて描いた図で、半径1で角度がθのときx座標cosθに、y座標sinθになります。ここで半径をrとするとx座標y座標もr倍になるので、rcosθとrsinθがそれぞれ求めるxとyになります。

サインとコサイン
サインとコサイン

次に読んでほしいコンテンツ

平面上の位置を表す座標系の1つXY座標系について詳しく解説。

2020.03.23

画像の座標系はどのように定義されていますか?

2020.03.23

国際単位系における角度の単位のラジアンについて説明しています。興味のある方は、記事をご覧ください。

2016.01.26

sin(サイン)の意味と、Math.sinメソッドの使い方をソースコードを使って詳しく解説しています。

2020.03.23

cos(コサイン)の意味と、Math.cosメソッドの使い方をソースコードを使って詳しく解説しています。

2020.03.23

tan(タンジェント)の意味と、Math.tanメソッドの使い方をソースコードを使って詳しく解説しています。

2020.03.23

円の直径と半径について図を使って詳しく解説しています。

2020.03.23

円の中心座標(0,0)、半径rで表される円の円周上のランダムな座標を求めるJavaのソースコードを紹介しています。ラジアンを乱数で発生して座標を計算しています。

2019.09.27

円の中心座標(0,0)、半径rで表される円の円周上のランダムな座標を求めるJavaのソースコードを紹介しています。度単位の角度の乱数をラジアンに変換して座標を計算しています。

2019.09.27

円の中心座標(ox,oy)、半径rで表される円の円周上のランダムな座標を求めるJavaのソースコードを紹介しています。

2019.09.27

広告