Javaプログラミング学習サイト ゆるゆるプログラミング

2016/03/05 公開

・極座標系

極座標系は、原点からの距離rとx軸から反時計回りの偏角θの組み合わせ(r,θ)で座標を表すものです。

極座標系

一般的に使われている(x,y)を表現する直交座標と極座標の関係式はx=rcosθ、y=rsinθです。これを図で表すと以下のようになります。

直交座標系と極座標系の関係

上の関係式の関係の求め方をもう少し詳しく書きます。次の図は、sinθcosθについて描いた図で、半径1で角度がθのときx座標がcosθに、y座標がsinθになります。ここで半径をrとするとx座標とy座標もr倍になるので、rcosθとrsinθがそれぞれ求めるxとyになります。

サインとコサイン

■関連コンテンツ

画像の座標系 画像の座標系について解説
数学座標→画像座標変換 数学xy→画像xy

■新着情報

2021.06.23 配列の初期値 配列の生成直後の値は?
2021.06.18 変数の初期値 変数に値を代入しないで計算

■広告

Topへ