Javaプログラミング学習サイト ゆるゆるプログラミング

・Javaソースダウンロード(Cos1.java)

角度に度を指定してコサインを計算するJavaソースコードです。サインを計算するMath.cosメソッドの角度の単位はラジアンなので、角度の単位を度からラジアンに変換してMath.cosに渡しています。

このソースについての記事はこちら「三角関数 cos」です。

Cos1.javaをダウンロード

ダウンロードしたファイルはzip形式です。解凍して使ってください。Windowsの場合、ダウンロードしたzipファイルをマウスの右ボタンでクリックして表示されるポップアップメニューから「すべて展開(T)」で解凍できます。

public class Cos1 {
	// 角度の単位を度で指定できるsin
	static double cos( double deg )
	{
		double rad;
		// 度をラジアンに変換
		rad = Math.toRadians( deg );

		// コサインを計算
		return Math.cos( rad );
	}

	// メイン
	public static void main( String[] args ) {
		// コサイン  0度 →  1.0
		System.out.println( cos( 0.0 ) );
		// コサイン 90度 →  0.0
		System.out.println( cos( 90.0 ) );
		// コサイン 60度 →  0.5
		System.out.println( cos( 60.0 ) );
		// コサイン 45度 →  約0.71
		System.out.println( cos( 45.0 ) );
	}
}

このソースについての記事はこちら「三角関数 cos」です。

 

■新着情報

2021.06.23 配列の初期値 配列の生成直後の値は?
2021.06.18 変数の初期値 変数に値を代入しないで計算

■広告

 

 

 

 

Topへ