ゆるゆるプログラミング

・ソースファイルの作り方

プログラムのソースは、テキストエディタを使って記述していきます。このサイトでは、テキストエディタとしてメモ帳を使います。これは、Windowsにインストールされているテキストエディタです。

メモ帳を起動すると、以下のような画面が出てきます。

Javaのソースコード(プログラム)を入力します。
ここでは、"HelloWorld"というクラスを記述しています。

”名前を付けて保存(A)”を選択します。既に名前が付いている場合は、”上書き保存(S)”でも良いです。

ファイル名文字コードを設定して保存します。そのファイル名は、以下のルールに従ってください。クラス名.javaファイル名としてください。ここでは、"HelloWorld"クラス名なので、”HelloWorld.java”ファイル名です。このソースコードの場合には、他のファイル名を付けることはできません。ファイルを格納するフォルダは、どこでも良いです。また、このプログラムは日本版のWindowsで動かすことを想定しているので、文字コードを”ANSI"としてください。文字コードが”Shift-JIS”で保存されます。

以上で、プログラムの保存が終わりました。

このファイルを後で変更するときは、もう一度テキストエディタで開き、変更後に保存してください。

また、メモ帳より便利なテキストエディタがあります。詳しくは「Tera Pad」を参照してください。

■新着情報

2017.11.17 N値化 カラー画像をN値化する方法について解説
2017.11.16 最も近い値の取得 指定値に最も近い配列の値を取得する方法を解説
2017.10.02 アルファ値(透過) アルファ値(透過)について

■広告

法人向けのETC専用カード

~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~ 企業向けプログラミング研修ならCodeCamp

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

Topへ