ゆるゆるプログラミング

・文字列

文字列とは文字(文字コード)を集めたデータのことで、フォルダ名・ファイル名・メッセージの表示・テキストファイルの内容など文字で表すものに使います。

JavaではStringクラスを使うことで文字列の操作を行うことができます。このクラスの機能は、以下の文字列操作を参考にしてください。

■文字列操作

文字列の作成と初期化 文字列の初期化と作成を行う方法について解説
文字列の長さを取得 文字列の長さを取得する方法を解説
空文字列かを判定 文字列の長さを取得する方法を解説
文字列内の大文字を小文字に変換 文字列の大文字を小文字に変換する方法を解説
文字列内の小文字を大文字に変換 文字列の小文字を大文字に変換する方法を解説
文字列前後の空白を削除 文字列前後の空白を削除する方法を解説

■関連コンテンツ

文字コード 文字コードについて
データ型 Javaで扱うデータの型について解説
変数について Javaで扱う変数について解説

■新着情報

2017.11.17 N値化 カラー画像をN値化する方法について解説
2017.11.16 最も近い値の取得 指定値に最も近い配列の値を取得する方法を解説
2017.10.02 アルファ値(透過) アルファ値(透過)について

■広告

法人向けのETC専用カード

~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~ 企業向けプログラミング研修ならCodeCamp

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

Topへ