ゆるゆるプログラミング

・JDKパス設定

ここでは、インストールしたJDKのパスを設定します。

①システムのプロパティ画面を表示します。

Windowsのスタートボタンをマウスの左ボタンでクリックしてメニューを表示します。そのメニューの右側に表示されている「コンピュータ」を右ボタンでクリックします。表示されるサブメニューから「プロパティ(R)」を選択します。

②システムの詳細設定画面を表示します。

「システムの詳細設定」クリックします。

③環境変数設定画面を表示します。

「詳細設定」タブの「環境変数(N)」をクリックします。

④環境変数に”JAVA_HOME”と”PATH”を新しく追加します。

変数”JAVA_HOME”にはインストールしたフォルダを指定します。変数”PATH”にはインストールしたフォルダに”\bin”を足したものを指定します。下図のとおり入力してください。

これでパスの設定が完了しました。

⑤パス設定が正しく行われたかの確認を行います。

コマンドプロンプトを起動して、”javac -version”とタイプし、Enterキーを押します。下図のように、バージョンが表示されれば設定が成功しています。失敗した場合、環境変数の設定(フォルダ名・変数名)が間違っていないか、またJDKインストールされているかを確認してください。これはインストールしたフォルダ+”\bin”にjavac.exeの有無で確認することができます。

■関連コンテンツ

JDKインストール ダウンロードしたJDKのインストール方法について解説

■新着情報

2017.11.17 N値化 カラー画像をN値化する方法について解説
2017.11.16 最も近い値の取得 指定値に最も近い配列の値を取得する方法を解説
2017.10.02 アルファ値(透過) アルファ値(透過)について

■広告

法人向けのETC専用カード

~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~ 企業向けプログラミング研修ならCodeCamp

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

Topへ