ゆるゆるプログラミング

・break文

break文は、for文while文などの繰り返し処理から強制的に抜けるための制御文です。

無限ループから抜ける時に使ったり、繰り返し処理の途中で処理を打ち切るときに使用します。

ここからは、break文を使用したサンプルのJavaソースコードで使い方を解説していきます。以下がそのソースコードで、無限ループの中で、処理を10回だけ行った後にループを抜けるものです。

BreakSample.java ← クリックしてダウンロードページに移動
001:    public class BreakSample {
002:    	public static void main(String[] args) {
003:    		// ループ回数を格納する変数
004:    		int number;
005:    
006:    		// 初期値を0
007:    		number = 0;
008:    
009:    		// 無限ループ
010:    		for ( ; ; ) {
011:    			++ number;
012:    
013:    			// numberが10を超えたら
014:    			// ループを抜ける
015:    			if ( 10 < number ) break;
016:    
017:    			// numberを表示
018:    			System.out.println( number );
019:    		}
020:    		
021:    	}
022:    }

出力結果

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

ここからは、このソースコードを上から順番に解説していきます。

001:    public class BreakSample {

クラス名を、BreakSampleとしています。

002:    	public static void main(String[] args) {

このmainメソッドからプログラムを実行します。

003:    		// ループ回数を格納する変数
004:    		int number;

ループ回数を格納するint型変数numberを宣言しています。

006:    		// 初期値を0
007:    		number = 0;

numberに0を代入しています。

009:    		// 無限ループ
010:    		for ( ; ; ) {

無限ループを作成しています。

011:    			++ number;

numberに1を足しています。

013:    			// numberが10を超えたら
014:    			// ループを抜ける
015:    			if ( 10 < number ) break;

numberが10を超えたらbreak文for文を抜けます。

017:    			// numberを表示
018:    			System.out.println( number );

numberの値を表示しています。

■関連コンテンツ

ループ(繰り返し) ループ(繰り返し)について解説
for文 繰り返し処理に使用するfor文について解説
while文 繰り返し処理に使用するwhile文について解説
do~while文 繰り返し処理に使用するdo~while文について解説
if文 条件による処理の分岐に使用するif文について解説

■新着情報

2019.09.13 長さの単位変換 1マイル、1フィートは何m?
2019.09.06 クイックソート 高速に配列に並び替える方法
2019.09.05 中央値(メディアン) 配列に格納されている値の中央値を求める
2019.09.05 最頻値 配列から出現回数が最も多い値の取得
2019.09.03 配列値の反転 配列の反転処理
2019.08.05 トランプの操作 トランプを操作するクラス

■広告

法人向けのETC専用カード

~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~ 企業向けプログラミング研修ならCodeCamp

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

Topへ