ゆるゆるプログラミング

・指数表記

指数表記は、非常に大きな数値や、0に近い小さい数値を表現するときに使われる表記方法の1つです。表記は、以下のようになります。

  m×Re

Rは基数、mを仮数部、eを指数部と呼びます。

通常は、10進数を使うことが多いため基数R=10となり、

  m×10e

となります。以下はその表記例です。

  ・0.00123456の指数表記は、1.23456×10-3

  ・1234567の指数表記は、1.234567×106

コンピューターでの指数表記では、基数R=10とし、仮数部と指数部の間に'e'または'E'を挟みます。

  ・0.00123456の指数表記は、1.23456E-3

  ・1234567の指数表記は、1.234567E+6

以下のJavaソースコードは、double型変数aとbに指数表記した値を代入し、それらをコンソール出力するものです。

ExponentialNotation.java ← クリックしてダウンロードページに移動
001:    public class ExponentialNotation {
002:    	public static void main(String[] args) {
003:    		double a, b;
004:    
005:    		// 変数に指数表記の値を代入
006:    		a = 1.23456E-3;
007:    		b = 1.234567E+6;
008:    
009:    		// 結果の表示
010:    		System.out.println( a );
011:    		System.out.println( b );
012:    	}
013:    }

ExponentialNotation.Javaの出力結果

 0.00123456
 1234567.0

■関連コンテンツ

ニュートン法で平方根 ニュートン法で平方根を計算

■新着情報

2019.09.13 長さの単位変換 1マイル、1フィートは何m?
2019.09.06 クイックソート 高速に配列に並び替える方法
2019.09.05 中央値(メディアン) 配列に格納されている値の中央値を求める
2019.09.05 最頻値 配列から出現回数が最も多い値の取得
2019.09.03 配列値の反転 配列の反転処理
2019.08.05 トランプの操作 トランプを操作するクラス

■広告

法人向けのETC専用カード

~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~ 企業向けプログラミング研修ならCodeCamp

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

Topへ