ゆるゆるプログラミング

・最小値・最大値

ここでの最小値は、与えられた2つの値のうち小さい方の値のことです。最大値は、与えられた2つの値のうち大きい方の値のことです。

最小値 Math.minメソッド

public static int Math.min( int a, int b )
public static long Math.min( long a, long b )
public static float Math.min( float a, float b )
public static double Math.min( double a, double b )
public static int Math.min( byte a, byte b )
public static int Math.min( short a, short b )
■引数a,bで指定した数値の小さい方を返します。

  パラメータ a, b : 比較する2つの数値

  戻り値     aとbを比較して、小さい値を返します。
    戻りの変数型は、基本的に引数と同じ変数型と考えてよいです。
    ただし、引数の変数型がbyteとshortの場合は、変数型intです。

最大値 Math.maxメソッド

public static int Math.max( int a, int b )
public static long Math.max( long a, long b )
public static float Math.max( float a, float b )
public static double Math.max( double a, double b )
public static int Math.max( byte a, byte b )
public static int Math.max( short a, short b )
■引数a,bで指定した数値の大きい方を返します。

  パラメータ a, b : 比較する2つの数値

  戻り値     aとbを比較して、大きい値を返します。
    戻りの変数型は、基本的に引数と同じ変数型と考えてよいです。
    ただし、引数の変数型がbyteとshortの場合は、変数型intです。

下記のMinMax.javaは、最小値最大値を使ったJavaプログラムの例です。

MinMax.java
001:    public class MinMax {
002:    	public static void main( String[] args ) {
003:    		int a, b, min, max;
004:    
005:    		a = 60;
006:    		b = 43;
007:    
008:    		// 最小値を変数minに代入
009:    		min = Math.min( a, b );
010:    
011:    		// 最大値を変数maxに代入
012:    		max = Math.max( a, b );
013:    
014:    		// 結果を表示
015:    		System.out.println( "最小値=" + min );
016:    		System.out.println( "最大値=" + max );
017:    	}
018:    } 

Min.javaの出力結果

最小値=43
最大値=60

最小値最大値のメソッドは、自作することができます。以下はその例です。

                   :

// int型の最小値
public static int min( int a, int b )
{
    if ( a < b ) return a;
    return b;
}


// int型の最大値
public static int max( int a, int b )
{
    if ( a > b ) return a;
    return b;
}


// long型の最小値
public static long min( long a, long b )
{
    if ( a < b ) return a;
    return b;
}


// long型の最大値
public static long max( long a, long b )
{
    if ( a > b ) return a;
    return b;
}


// float型の最小値
public static float min( float a, float b )
{
    if ( a < b ) return a;
    return b;
}


// float型の最大値
public static float max( float a, float b )
{
    if ( a > b ) return a;
    return b;
}


// double型の最小値
public static double min( double a, double b )
{
    if ( a < b ) return a;
    return b;
}


// double型の最大値
public static double max( double a, double b )
{
    if ( a > b ) return a;
    return b;
}


// byte型の最小値
public static int min( byte a, byte b )
{
    return min( (int)a, (int)b );
}


// byte型の最大値
public static int max( byte a, byte b )
{
    return max( (int)a, (int)b );
}


// short型の最小値
public static int min( short a, short b )
{
    return min( (int)a, (int)b );
}


// short型の最大値
public static int max( short a, short b )
{
    return max( (int)a, (int)b );
}

(int)a(int)bで、変数aとbの値をintに変換しています。これをキャストといいます。

この変換によりpublic static int min( int a, int b )public static int max( int a, int b )が呼ばれます。

■関連コンテンツ

複数の値の最小値と最大値

■新着情報

2017.11.17 N値化 カラー画像をN値化する方法について解説
2017.11.16 最も近い値の取得 指定値に最も近い配列の値を取得する方法を解説
2017.10.02 アルファ値(透過) アルファ値(透過)について

■広告

法人向けのETC専用カード

~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~ 企業向けプログラミング研修ならCodeCamp

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

Topへ