ゆるゆるプログラミング

・文字コード

コンピューターは数値だけを扱うことができるため、数値と文字を対応する表が必要になります。文字と数値の対応が文字コードです。

日本語の文字コードは、日本工業規格で標準化されたJIS、EUC、Shift-JISなどがあります。その他に、世界中で使用されているバラバラの文字コードを統一したUnicode(ユニコード)や、アルファベット、数字、記号、制御記号などを1バイトで表すASCII(アスキー)があります。

Javaでは、Unicodeを使用します。

■関連コンテンツ

データ型 Javaで扱うデータの型について解説
変数について Javaで扱う変数について解説
2進数 2で繰り上がる数値表現

■新着情報

2020.03.13 計算の優先順位 演算子(+、-、×、÷)の計算の優先順位

■広告

法人向けのETC専用カード

~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~ 企業向けプログラミング研修ならCodeCamp

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

Topへ