ゆるゆるプログラミング

・プログラムの構成

Javaのプログラムはクラスの集まりで構成されます。クラスとは、データメソッド(手続き)の集まりで、以下のように記述します。波括弧”{”から”}”までがそのクラスの内容です。

修飾子 class クラス名 {
    データ
      :

    メソッド(手続き)
      :
}

このクラスの中のデータメンバ変数と呼ばれ、クラスの状態を持つためのものです。メソッド(手続き)は、動作を記述したものになります。

それでは、人間を表すHumanというクラスを例に説明していきます。以下が、Humanクラスの記述例です。

public class Human {
        // メンバ変数
        public String name;       // 名前

        public short  gender;    // 性別

        public short  year;        // 生年月日(年)
        public short  month;     // 生年月日(月)
        public short  day;         // 生年月日(日)

        public float  height;      // 身長
        public float  weight;      // 体重

        public short  bloodtype; // 血液型
}

上記のHumanクラスは、データだけで作られているクラスです。メソッドはありません。これは、人間の情報(名前・性別・生年月日・身長・体重・血液型)をメンバ変数で持っていて、それをHumanクラスでまとめている例です。

次に、Humanメソッドを追加したHuman2というクラスを例に説明していきます。以下が、Human2クラスの記述例です。

public class Human2 {
        // メンバ変数
        public String name;       // 名前

        public short  gender;    // 性別

        public short  year;        // 生年月日(年)
        public short  month;     // 生年月日(月)
        public short  day;         // 生年月日(日)

        public float  height;      // 身長
        public float  weight;      // 体重

        public short  bloodtype; // 血液型

        // メソッド
        public int getAge()
        {
                int age;   ←クラスのメンバ変数ではない。getAge()の中だけで使用可能

                ここで、現在時刻と生年月日(year、month、day)から年齢を計算してageに代入。
                実際に動作するソースコードは、省略します。
                 ■関連項目の「年月日から年齢を計算する方法を解説」を参考にしてください。

                return age;
        }
}

Humanクラスに、人間の年齢を計算するgetAgeメソッドを追加しています。この例では、年齢を現在時刻と生年月日から計算することを想定しています。

それでは、実際に動作するプログラムHelloWorld.Javaソースコードを例にして、クラスデータメソッドを見ていきます。

public class HelloWorld {
    public static void main( String[] args ) {
        System.out.println( "Hello World !!" );
    }
}

このソースの例では、「修飾子」はpublic、「クラス名」はHelloWorld、「データ」は無し、「メソッド」はmainです。

public class HelloWorld {  // 修飾子(public)  class  クラス名(HelloWorld)
    public static void main( String[] args ) {
        System.out.println( "Hello World !!" );
    }
} 

次に、HelloWorldクラスの内容について説明します。HelloWorldクラスには、mainという名前のメソッドがあります。mainメソッドは特別なメソッドで、Javaのプログラムが実行されると最初に呼び出されるメソッドです。

public class HelloWorld {
    public static void main( String[] args ) {  // mainメソッド
        System.out.println( "Hello World !!" );
    }
} 

HelloWorldクラスには、データは含まれていません。mainメソッド(手続き)があるだけです。

■関連コンテンツ

生年月日から年齢を計算   生年月日から年齢を計算する方法を解説
コンストラクタ   コンストラクタとは

■新着情報

2017.11.17 N値化 カラー画像をN値化する方法について解説
2017.11.16 最も近い値の取得 指定値に最も近い配列の値を取得する方法を解説
2017.10.02 アルファ値(透過) アルファ値(透過)について

■広告

法人向けのETC専用カード

~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~ 企業向けプログラミング研修ならCodeCamp

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

Topへ