ゆるゆるプログラミング

・フレームの表示

ここでは、グラフィック表示するための準備として、フレームの表示の仕方を解説します。グラフィカルなコンポーネントを使ったアプリケーションを開発する為に用意されているSwingを使用します。

以下は、フレームを表示するJavaのソースコードと実行結果です。

GR_Frame.java ← クリックしてダウンロードページに移動
001:    import java.awt.*;
002:    import javax.swing.*;
003:    
004:    public class GR_Frame {
005:    	public static void main( String[] args ) {
006:    		JFrame frame = new JFrame();
007:    
008:    		// タイトル名を設定
009:    		frame.setTitle( "タイトル" );
010:    
011:    		// フレームの大きさを設定
012:    		frame.setSize( 400, 320 );
013:    
014:    		// ”×”ボタンを押した時の処理を設定
015:    		frame.setDefaultCloseOperation( JFrame.EXIT_ON_CLOSE );
016:    
017:    		// フレームを表示
018:    		frame.setVisible( true );
019:    	}
020:    }

GR_Frame.javaの実行結果

Swingのフレーム

Javaのクラスライブラリの中から「java.awt」と 「javax.swing」というパッケージにあるクラスを、このプログラム内で使うために記述します。

001:    import java.awt.*;
002:    import javax.swing.*;

フレームの表示は、JFrameクラスを使います。

006:    		JFrame frame = new JFrame();

JFrameオブジェクトを作成し、いくつかのメソッドを実行するとフレームを表示することができます。このソースコードでは、タイトル・大きさ・”×”ボタンを押した時の処理を設定した後に、フレームを表示しています。

008:    		// タイトル名を設定
009:    		frame.setTitle( "タイトル" );
010:    
011:    		// フレームの大きさを設定
012:    		frame.setSize( 400, 320 );
013:    
014:    		// ”×”ボタンを押した時の処理を設定
015:    		frame.setDefaultCloseOperation( JFrame.EXIT_ON_CLOSE );
016:    
017:    		// フレームを表示
018:    		frame.setVisible( true );

この例では、フレーム全体(タイトルバーと縁を含む)のサイズが400x320ピクセルで表示されます。サイズは、frame.setSize( 400, 320 );で指定しています。

Swingのフレーム(サイズ付)

次のJavaソースコードは、グラフィックを描画するエリアのサイズをピクセルで指定してフレームを作成する方法です。

GR_Frame1.java ← クリックしてダウンロードページに移動
001:    import java.awt.*;
002:    import javax.swing.*;
003:    
004:    public class GR_Frame1 {
005:    	public static void main( String[] args ) {
006:    		JFrame frame = new JFrame();
007:    
008:    		// タイトル名を設定
009:    		frame.setTitle( "タイトル" );
010:    
011:    		// 内側フレームの大きさを設定
012:    		frame.getContentPane().setPreferredSize( new Dimension( 400, 320 ) );
013:    		frame.pack();
014:    
015:    		// ”×”ボタンを押した時の処理を設定
016:    		frame.setDefaultCloseOperation( JFrame.EXIT_ON_CLOSE );
017:    
018:    		// フレームを表示
019:    		frame.setVisible( true );
020:    	}
021:    }

GR_Frame1.javaの実行結果

Swingのフレーム(内側サイズ指定)

Javaのクラスライブラリの中から「java.awt」と 「javax.swing」というパッケージにあるクラスを、このプログラム内で使うために記述します。

001:    import java.awt.*;
002:    import javax.swing.*;

フレームの表示は、JFrameクラスを使います。

006:    		JFrame frame = new JFrame();

JFrameオブジェクトを作成し、setPreferredSizeメソッドとpackメソッドで内側のサイズを指定したフレームを作成することができます。この例の場合、サイズを(400,320)で指定しています。

008:    		// タイトル名を設定
009:    		frame.setTitle( "タイトル" );
010:    
011:    		// 内側フレームの大きさを設定
012:    		frame.getContentPane().setPreferredSize( new Dimension( 400, 320 ) );
013:    		frame.pack();
014:    
015:    		// ”×”ボタンを押した時の処理を設定
016:    		frame.setDefaultCloseOperation( JFrame.EXIT_ON_CLOSE );
017:    
018:    		// フレームを表示
019:    		frame.setVisible( true );

以下が、内側のフレームサイズを指定して作成したものです。

Swingのフレーム(内側サイズ指定) サイズ付

■新着情報

2020.09.03 お札とコインの数 必要なお札と硬貨の枚数?
2020.08.27 ポーカーの役判定 ポーカーの役を判定
2020.08.25 ゾロ目の出る確率 サイコロの目のでる確率は?
2020.08.24 文字列配列をint配列に変換 String[]→int[]
2020.08.24 文字列配列をdouble配列に変換 String[]→double[]
2020.08.19 キーボード入力値を配列に格納 キーボード入力→配列
2020.08.19 キーボード入力値をリストに格納 キーボード入力→リスト
2020.08.19 キーボード入力 ScannerクラスとSystem.inを使用

■広告

フィギュア予約最大25%OFF+ポイント5%還元!ホビーサーチ

~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~ 企業向けプログラミング研修ならCodeCamp

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

 

 

 

 

 

 

 

Topへ