ゆるゆるプログラミング

・フレームの表示

ここでは、グラフィック表示するための準備として、フレームの表示の仕方を解説します。以下は、フレームを表示するJavaのソースコードと実行結果です。

GR_Frame.java
001:    import java.awt.*;
002:    import javax.swing.*;
003:    
004:    public class GR_Frame {
005:    	public static void main( String[] args ) {
006:    		JFrame frame = new JFrame();
007:    
008:    		// タイトル名を設定
009:    		frame.setTitle( "タイトル" );
010:    
011:    		// フレームの大きさを設定
012:    		frame.setSize( 400, 320 );
013:    
014:    		// ”×”ボタンを押した時の処理を設定
015:    		frame.setDefaultCloseOperation( JFrame.EXIT_ON_CLOSE );
016:    
017:    		// フレームを表示
018:    		frame.setVisible( true );
019:    	}
020:    }

GR_Frame.javaの実行結果

Javaのクラスライブラリの中から「java.awt」と 「javax.swing」というパッケージにあるクラスを、このプログラム内で使うために記述します。

001:    import java.awt.*;
002:    import javax.swing.*;

フレームの表示は、JFrameクラスを使います。

006:    		JFrame frame = new JFrame();

JFrameオブジェクトを作成し、いくつかのメソッドを実行するとフレームを表示することができます。このソースコードでは、タイトル・大きさ・”×”ボタンを押した時の処理を設定した後に、フレームを表示しています。

008:    		// タイトル名を設定
009:    		frame.setTitle( "タイトル" );
010:    
011:    		// フレームの大きさを設定
012:    		frame.setSize( 400, 320 );
013:    
014:    		// ”×”ボタンを押した時の処理を設定
015:    		frame.setDefaultCloseOperation( JFrame.EXIT_ON_CLOSE );
016:    
017:    		// フレームを表示
018:    		frame.setVisible( true );

この例では、フレーム全体(タイトルバーと縁を含む)のサイズが400x300ピクセルで表示されます。サイズは、frame.setSize( 400, 320 );で指定しています。

■新着情報

2017.11.17 N値化 カラー画像をN値化する方法について解説
2017.11.16 最も近い値の取得 指定値に最も近い配列の値を取得する方法を解説
2017.10.02 アルファ値(透過) アルファ値(透過)について

■広告

法人向けのETC専用カード

~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~ 企業向けプログラミング研修ならCodeCamp

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

Topへ