ゆるゆるプログラミング

・平行四辺形の面積計算

底辺と高さから平行四辺形の面積を計算するプログラムを解説します。

平行四辺形の面積は、(底辺×高さ)で計算できます。

平行四辺形の面積計算

下図のように、平行四辺形の右側の破線の領域を切り取って、左側に貼ると形が長方形になります。よって面積は(底辺×高さ)で計算できます。

平行四辺形の面積計算の解説

ここでは、キーボードから底辺と高さを入力して、平行四辺形の面積を表示するプログラムを紹介します。

AreaofParallelogram1.java ← クリックしてダウンロードページに移動
001:    import java.util.Scanner;
002:    
003:    public class AreaofParallelogram1 {
004:    	public static void main( String[] args ) {
005:    		double base;	// 底辺
006:    		double height;	// 高さ
007:    		double area;	// 面積
008:    
009:    		// キーボード入力
010:    		Scanner scanner = new Scanner(System.in);
011:    
012:    		// 底辺の入力
013:    	        System.out.print( "底辺:" );
014:    		base = scanner.nextDouble();
015:    
016:    		// 高さの入力
017:    	        System.out.print( "高さ:" );
018:    		height = scanner.nextDouble();
019:    
020:    		// 平行四辺形の面積計算 (底辺×高さ)
021:    		area = base * height;
022:    
023:    		// 平行四辺形の面積を表示
024:    		System.out.println( "平行四辺形の面積:" + area );
025:    	}
026:    }

AreaofParallelogram1を実行

C:\talavax\javasample>java AreaofParallelogram1

底辺に7、高さに5をキーボードから入力して平行四辺形の面積を計算した結果です。

AreaofParallelogram1.javaの出力結果

底辺:7
高さ:5
平行四辺形の面積:35.0

ここからは、このソースコードを上から順番に解説していきます。

001:    import java.util.Scanner;

Javaのクラスライブラリの中から「java.util.Scanner」というパッケージにあるクラスを、このプログラム内で使うために記述します。 この記述により、Scannerクラスが利用できるようになります。これでキーボードから値の入力が行えるようになります。

003:    public class AreaofParallelogram1 {

クラス名を、AreaofParallelogram1としています。

004:    	public static void main( String[] args ) {

このmainメソッドからプログラムを実行します。

005:    		double base;	// 底辺
006:    		double height;	// 高さ
007:    		double area;	// 面積

このプログラムで使う変数を宣言しています。

009:    		// キーボード入力
010:    		Scanner scanner = new Scanner(System.in);

Scannerクラスを作成しています。

012:    		// 底辺の入力
013:    	        System.out.print( "底辺:" );
014:    		base = scanner.nextDouble();

キーボードから入力した底辺の値をdouble型変数baseに代入します。入力した値が数値で無い場合、エラーを表示してプログラムを強制終了します。

016:    		// 高さの入力
017:    	        System.out.print( "高さ:" );
018:    		height = scanner.nextDouble();

キーボードから入力した高さの値をdouble型変数heightに代入します。入力した値が数値で無い場合、エラーを表示してプログラムを強制終了します。

020:    		// 平行四辺形の面積計算 (底辺×高さ)
021:    		area = base * height;

平行四辺形の面積計算した値をdouble型変数areaに代入しています。

023:    		// 平行四辺形の面積を表示
024:    		System.out.println( "平行四辺形の面積:" + area );

平行四辺形の面積計算を表示しています。

次に、平行四辺形の面積を計算する処理をメソッドにしたJavaソースコードを紹介します。

AreaofParallelogram2.java ← クリックしてダウンロードページに移動
001:    import java.util.Scanner;
002:    
003:    public class AreaofParallelogram2 {
004:    	// 平行四辺形の面積を求めるメソッド
005:    	// base : 底辺
006:    	// height : 高さ
007:    	public static double calc_AreaofParallelogram( double base, double height )
008:    	{
009:    		double area;
010:    
011:    		// (底辺×高さ)
012:    		area = base * height;
013:    
014:    		return area;
015:    	}
016:    
017:    
018:    	// メイン
019:    	public static void main( String[] args ) {
020:    		double base;	// 底辺
021:    		double height;	// 高さ
022:    		double area;	// 面積
023:    
024:    		// キーボード入力
025:    		Scanner scanner = new Scanner(System.in);
026:    
027:    		// 底辺の入力
028:    	        System.out.print( "底辺:" );
029:    		base = scanner.nextDouble();
030:    
031:    		// 高さの入力
032:    	        System.out.print( "高さ:" );
033:    		height = scanner.nextDouble();
034:    
035:    		// メソッドを呼んで平行四辺形の面積計算
036:    		area = calc_AreaofParallelogram( base, height );
037:    
038:    		// 平行四辺形の面積を表示
039:    		System.out.println( "平行四辺形の面積:" + area );
040:    	}
041:    }

AreaofParallelogram2を実行

C:\talavax\javasample>java AreaofParallelogram2

底辺に7、高さに5をキーボードから入力して平行四辺形の面積を計算した結果です。

AreaofParallelogram2.javaの出力結果

底辺:7
高さ:5
平行四辺形の面積:35.0

出力結果は、AreaofParallelogram1.javaと同じです。

それでは、このソースコードを上から順番に解説していきます。

001:    import java.util.Scanner;

Javaのクラスライブラリの中から「java.util.Scanner」というパッケージにあるクラスを、このプログラム内で使うために記述します。 この記述により、Scannerクラスが利用できるようになります。これでキーボードから値の入力が行えるようになります。

003:    public class AreaofParallelogram2 {

クラス名を、AreaofParallelogram2としています。

004:    	// 平行四辺形の面積を求めるメソッド
005:    	// base : 底辺
006:    	// height : 高さ
007:    	public static double calc_AreaofParallelogram( double base, double height )
008:    	{
009:    		double area;
010:    
011:    		// (底辺×高さ)
012:    		area = base * height;
013:    
014:    		return area;
015:    	}

引数とした与えられた底辺(base)と高さ(height)で平行四辺形の面積を計算して戻すメソッドです。

018:    	// メイン
019:    	public static void main( String[] args ) {

このmainメソッドからプログラムを実行します。

020:    		double base;	// 底辺
021:    		double height;	// 高さ
022:    		double area;	// 面積

このプログラムで使う変数を宣言しています。

024:    		// キーボード入力
025:    		Scanner scanner = new Scanner(System.in);

Scannerクラスを作成しています。

027:    		// 底辺の入力
028:    	        System.out.print( "底辺:" );
029:    		base = scanner.nextDouble();

キーボードから入力した底辺の値をdouble型変数baseに代入します。入力した値が数値で無い場合、エラーを表示してプログラムを強制終了します。

031:    		// 高さの入力
032:    	        System.out.print( "高さ:" );
033:    		height = scanner.nextDouble();

キーボードから入力した高さの値をdouble型変数heightに代入します。入力した値が数値で無い場合、エラーを表示してプログラムを強制終了します。

035:    		// メソッドを呼んで平行四辺形の面積計算
036:    		area = calc_AreaofParallelogram( base, height );

平行四辺形の面積計算した値をdouble型変数areaに代入しています。

038:    		// 平行四辺形の面積を表示
039:    		System.out.println( "平行四辺形の面積:" + area );

平行四辺形の面積計算を表示しています。

■関連コンテンツ

三角形の面積計算 三角形の底辺と高さを使って面積を計算する方法を解説
三角形の面積(ヘロンの公式) 三角形の3辺の長さを使って面積を計算する方法を解説

■新着情報

2019.09.13 長さの単位変換 1マイル、1フィートは何m?
2019.09.06 クイックソート 高速に配列に並び替える方法
2019.09.05 中央値(メディアン) 配列に格納されている値の中央値を求める
2019.09.05 最頻値 配列から出現回数が最も多い値の取得
2019.09.03 配列値の反転 配列の反転処理
2019.08.05 トランプの操作 トランプを操作するクラス

■広告

法人向けのETC専用カード

~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~ 企業向けプログラミング研修ならCodeCamp

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Topへ