ゆるゆるプログラミング

・ソースのコンパイル

コンパイルとは、プログラムのソースコードを変換してコンピュータが実行できるコードに変換することです。Javaコンパイラは、Javaソースファイル(.java)を実行可能なJavaクラスファイル(.class)に変換します。

コンパイルと実行手順は以下のとおりです。

①コマンドプロンプトを起動する。

「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」で起動ます。以下が、コマンドプロンプトの画面です。

ソースファイルの有るフォルダにカレントフォルダを移動する。

このサイトでは、”cd”コマンドで”c:\talavax\javasample”フォルダに移動しています。

③Javaのコンパイラがインストールされているかを確認する。

”javac”コマンドを実行して、使用方法などが表示されれば、Javaコンパイラはインストールされています。この確認は、初めてコンパイルする時に1回だけ行えばよいです。

Javaソースファイルコンパイルする。

”javac”コマンドにJavaソースファイル(HelloWorld.java)を指定してコンパイルします。その時に拡張子(.java)は省略しないでください。

コンパイルに成功するとJavaクラスファイルが作成されます。

⑤Javaクラスファイルを実行する。

”java”コマンドにJavaクラスファイル(HelloWorld.class)を指定して実行します。その際に拡張子(.class)は書かないでください。

■新着情報

2017.11.17 N値化 カラー画像をN値化する方法について解説
2017.11.16 最も近い値の取得 指定値に最も近い配列の値を取得する方法を解説
2017.10.02 アルファ値(透過) アルファ値(透過)について

■広告

法人向けのETC専用カード

~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~ 企業向けプログラミング研修ならCodeCamp

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

Topへ