Javaプログラミング学習サイト ゆるゆるプログラミング

2020/08/19 公開

・キーボード入力

java.util.Scannerクラスは、ユーザーからの入力を取得するクラスです。このクラスを使うことでユーザーが与えた入力値で、プログラムの動作を変えることができるようになります。

ここでは、標準入力Syste.in(通常キーボード)でjava.util.Scannerクラスを作成し、キーボード入力ができるようにしています。

以下は、キーボードで入力した文字列(String)をコンソール出力する単純なJavaソースコードです。

ScannerSample1.java ← クリックしてダウンロードページに移動
001:    import java.util.Scanner;
002:    
003:    public class ScannerSample1 {
004:    	public static void main( String[] args ) {
005:    		System.out.print( "文字を入力してください : " );		
006:    
007:    		// Scannerを作成
008:    		Scanner scan = new Scanner( System.in );
009:    
010:    		// 入力した文字列をlineに格納
011:    		String line = scan.nextLine();
012:    
013:    		// 入力した値を出力
014:    		System.out.println( "入力した文字列 : "+ line );		
015:    	}
016:    }

ここから、ソースを順番に説明していきます。

001:    import java.util.Scanner;

Javaのクラスライブラリの中から「java.util.Scanner」というパッケージにあるクラスを使うために記述しています。

003:    public class ScannerSample1 {

クラス名を、ScannerSample1としています。

004:    	public static void main( String[] args ) {

このmainメソッドからプログラムを実行します。

005:    		System.out.print( "文字を入力してください : " );		

printメソッドで、メッセージ”文字を入力してください:”をコンソール出力しています。printメソッドを使っているので、コンソール入力した文字はメッセージの右側に表示されます。printlnメソッドを使った場合、コンソール入力した文字はメッセージの下の行に表示されます。

007:    		// Scannerを作成
008:    		Scanner scan = new Scanner( System.in );

標準入力System.inを使って、Scannerクラスscanを初期化しています。

010:    		// 入力した文字列をlineに格納
011:    		String line = scan.nextLine();

nextLineメソッドで、キーボードから入力された1行を読み取り、String型のlineに代入しています。

ここで、入力待ち状態になり、Enterキーが押されるまでの入力文字がlineに格納されます。キーボードの"Ctrl"キーを押しながら"C"を押すと強制終了します。

013:    		// 入力した値を出力
014:    		System.out.println( "入力した文字列 : "+ line );		

lineをprintlnメソッドコンソール出力しています。

■キーボード入力関連コンテンツ

キーボード入力値を配列に格納 キーボード入力→配列
キーボード入力値をリストに格納 キーボード入力→リスト

■関連コンテンツ

値のコンソール表示 print()、println()とは?
文字列 文字列について

■新着情報

2021.06.18 変数の初期値 変数に値を代入しないで計算
2021.05.28 短針と長針の角度 短針と長針の角度は?
2021.05.19 各位(くらい)を求める 1の位の値は?10の位は?

■広告

Topへ