Javaプログラミング学習サイト ゆるゆるプログラミング

2019/10/16 公開

・continue文

continue文繰り返し処理を制御するための機能の1つで、for文while文などの繰り返し処理と途中で、先頭に戻す(次のループを実行)ときに使います。

繰り返し処理の中でcontinue文が実行されると、continue文以降の処理は実行されずに、ループの先頭に戻ります。

ここからは、continue文を使用したサンプルのJavaソースコードで使い方を解説していきます。このサンプルは、1~10の整数値のうち、3の倍数の値だけをコンソール出力するものです。

以下がそのソースコードでです。

ContinueSample.java ← クリックしてダウンロードページに移動
001:    public class ContinueSample {
002:    	public static void main(String[] args) {
003:    		// 10回のループを作成
004:    		for ( int i = 1; i <= 10;  i++ ) {
005:    			// iが3の倍数でなければ、ループの先頭に戻す
006:    			if ( 0 != ( i % 3 ) ) continue;
007:    
008:    			// iを表示
009:    			System.out.println( i );
010:    		}
011:    		
012:    	}
013:    }

出力結果

3
6
9

ここからは、このソースコードを上から順番に解説していきます。

001:    public class ContinueSample {

クラス名を、ContinueSampleとしています。

002:    	public static void main(String[] args) {

このmainメソッドからプログラムを実行します。

003:    		// 10回のループを作成
004:    		for ( int i = 1; i <= 10;  i++ ) {

ループ回数を格納するint型変数iを宣言し、変数iを1から10まで1ずつ変化させます。

005:    			// iが3の倍数でなければ、ループの先頭に戻す
006:    			if ( 0 != ( i % 3 ) ) continue;

変数iを3で割った余りが0以外の場合は、変数iは3の倍数ではないのでcontinue文ループの先頭に戻ります。これにより、continue文以降の処理System.out.println( i );がスキップされます。

008:    			// iを表示
009:    			System.out.println( i );

printlnメソッドで、変数iの値を表示しています。

■関連コンテンツ

ループ(繰り返し) ループ(繰り返し)について解説
break文 ループから処理から抜け出る
インクリメント・デクリメント演算子 インクリメント、デクリメント演算子について解説
剰余(余り)を計算した結果を表示するプログラムについて解説-画像

剰余(余り)計算

剰余(余り)をを計算するプログラムの紹介と、その結果を表示する方法を解説

繰り返し処理に使用するfor文について解説-画像

for文

繰り返し処理に使用するfor文をJavaのソースコードを使って説明しています。

繰り返し処理に使用するwhile文について解説-画像

while文

繰り返し処理に使用するwhile文について解説

繰り返し処理に使用するdo~while文について解説-画像

do~while文

繰り返し処理に使用するdo~while文について解説

条件による処理の分岐に使用するif文について解説-画像

if文

条件による処理の分岐に使用するif文について解説

■新着情報

2022.07.07 外部プログラムの実行 exeファイル実行
2022.07.06 完全数 6=1+2+3

■広告

Topへ