Javaプログラミング学習サイト ゆるゆるプログラミング

2016/11/23 公開

・ファイルの有無を判定

指定したファイルが存在するかを確認する方法を紹介します。

ここでは、Fileクラスexists()メソッドを使って判定を行います。

FileExists.java ← クリックしてダウンロードページに移動
001:    import java.io.File;
002:    
003:    public class FileExists {
004:    	public static void main( String[] args ) {
005:    		String filePath;	// ファイル名
006:    
007:    		// 入力した引数が1つ以上かを調べる
008:    		if ( 1 > args.length ) {
009:    			// 入力した引数が1つ未満の場合、使用方法を表示する
010:    			System.out.println(
011:    				 "FileExists [有無を確認するファイル名]" );
012:    			return;
013:    		}
014:    
015:    		// パラメータを検索パスに代入
016:    		filePath  = args[ 0 ];
017:    
018:    		// Fileクラスのオブジェクトにファイル名を対応
019:    		File file = new File( filePath );
020:    
021:    		// ファイルの有無を確認
022:    		if ( true == file.exists() )
023:    		{
024:    			// ファイル有り
025:    			System.out.println( filePath + "は存在します。" );
026:    		}
027:    		else {
028:    			// ファイル無し
029:    			System.out.println( filePath + "は存在しません。" );
030:    		}
031:    	}
032:    }

・指定するパス

指定したパス

FileExistを実行(ファイルが存在する場合)

C:\talavax\javasample>java FileExists c:\samplepath\sample2.txt

出力結果

C:\samplepath\sample2.txtは存在します。

FileExistを実行(ファイルが存在しない場合)

C:\talavax\javasample>java FileExists c:\samplepath\sample4.txt

出力結果

C:\samplepath\sample4.txtは存在しません。

ここからは、このJavaソースコードを上から順番に解説していきます。

001:    import java.io.File;

Javaクラスライブラリの中から「java.io.File」というパッケージにあるクラスを、このプログラム内で使うために記述します。 この記述により、Fileクラスが利用できるようになります。

003:    public class FileExists {

クラス名を、FileExistsとしています。

004:    	public static void main( String[] args ) {

このmainメソッドからプログラムを実行します。

005:    		String filePath;	// ファイル名

このプログラムで使う変数を宣言しています。ファイル名を格納するString型変数です。

007:    		// 入力した引数が1つ以上かを調べる
008:    		if ( 1 > args.length ) {
009:    			// 入力した引数が1つ未満の場合、使用方法を表示する
010:    			System.out.println(
011:    				 "FileExists [有無を確認するファイル名]" );
012:    			return;
013:    		}

1つ以上の引数が与えられたかをチェックし、1つ未満の場合に、使い方のメッセージを表示し、returnによってmainメソッドを抜けています。

015:    		// パラメータを検索パスに代入
016:    		filePath  = args[ 0 ];

与えられた引数を、ファイル名変数filePathの代入していいます。

018:    		// Fileクラスのオブジェクトにファイル名を対応
019:    		File file = new File( filePath );

Fileクラスコンストラクタで、有無を判定するファイル名を指定しています。

021:    		// ファイルの有無を確認
022:    		if ( true == file.exists() )
023:    		{
024:    			// ファイル有り
025:    			System.out.println( filePath + "は存在します。" );
026:    		}
027:    		else {
028:    			// ファイル無し
029:    			System.out.println( filePath + "は存在しません。" );
030:    		}

Fileクラスexistsメソッドで、ファイルの有無を判定し、結果をコンソール出力しています。

File.existsメソッド

public boolean exists()
■ファイルが存在するかどうかを判定

  パラメータ なし

  戻り値     この抽象パス名が示すファイルが存在するかどうかを判定します。

以上です。

■関連コンテンツ

ファイル ファイルの形式の解説
ファイルサイズの取得 ファイルサイズ(容量)を取得
値のコンソール表示 print()、println()とは?
メモリ容量の取得 Java仮想マシンのメモリ容量の取得方法を解説
ドライブの容量の取得 ドライブの空きは?
メソッド メソッドについて解説
条件による処理の分岐に使用するif文について解説-画像

if文

条件による処理の分岐に使用するif文について解説

■新着情報

2022.07.07 外部プログラムの実行 exeファイル実行
2022.07.06 完全数 6=1+2+3

■広告

 

 

 

 

 

スッキリわかるJava入門第3版 [ 中山清喬 ]

価格:2,860円
(2021/6/18 14:32時点)
感想(6件)

 

 

Topへ