Javaプログラミング学習サイト ゆるゆるプログラミング

・Javaソースダウンロード(Dice2.java)

2つサイコロを振ってゾロ目が出る確率を確認するjavaのソースコード例です。2つのint型変数に1~6の乱数を代入し、2つ変数が同じ値のときの回数を数えます。

このソースについての記事はこちら「ゾロ目の出る確率」です。

Dice2.javaをダウンロード

ダウンロードしたファイルはzip形式です。解凍して使ってください。Windowsの場合、ダウンロードしたzipファイルをマウスの右ボタンでクリックして表示されるポップアップメニューから「すべて展開(T)」で解凍できます。

public class Dice2 {
	public static void main(String[] args) {
		// サイコロを振る回数
		int count = 100000;

		// ゾロ目の回数
		int zorome_num = 0;

		// 100000回乱数を発生(サイコロを振る)
		for ( int i = 1; i <= count; ++ i ) {
			// 1つ目のサイコロ 1から6の乱数を発生
			int deme1 = (int)( Math.random() * 6.0 ) + 1;

			// 2つ目のサイコロ 1から6の乱数を発生
			int deme2 = (int)( Math.random() * 6.0 ) + 1;

			// 同じ数だったら出目(deme)の配列にに1を足す
			if ( deme1 == deme2 )
				++ zorome_num;  
		}

		// 結果を表示
		System.out.println( "サイコロを振った回数:" + count + "回" );
		System.out.println( "ゾロ目の回数:" + zorome_num + "回" );
		System.out.println( "ゾロ目の確率:"
			 + (double)zorome_num / (double)count * 100.0 + "%" );
	}
}

このソースについての記事はこちら「ゾロ目の出る確率」です。

 

■新着情報

2021.09.24 配列の値が全て同じか? 全ての配列値の一致確認

■広告

 

 

 

 

Topへ