Javaプログラミング学習サイト ゆるゆるプログラミング

・Javaソースダウンロード(StopWatch1.java)

このソースについての記事はこちら「ストップウォッチ その1」です。

StopWatch1.javaをダウンロード

ダウンロードしたファイルはzip形式です。解凍して使ってください。Windowsの場合、ダウンロードしたzipファイルをマウスの右ボタンでクリックして表示されるポップアップメニューから「すべて展開(T)」で解凍できます。

// ストップウォッチクラスを作成
class MyStopWatch1 {
	// 開始時間に初期値-1を代入
	private long ts = -1;

	// 終了時間に初期値-1を代入
	private long te = -1;

	// 計測時間に初期値0を代入
	private long tresult = 0;


	// 開始メソッド
	public void start()
	{
		// 計測時間に初期値0を代入
		tresult = 0;

		// 開始時間を代入
		ts = System.nanoTime();
	}
	
	// 停止メソッド
	public void stop()
	{
		// start()が呼ばれているか?
		if ( 0 > ts ) return;

		// 終了時間を代入
		te = System.nanoTime();

		// 計測時間を代入
		tresult = te - ts;
	}

	// クリアメソッド
	public void clear()
	{
		// 開始終了時間に初期値-1を代入
		ts = -1;
		te = -1;

		// 計測時間に初期値0を代入
		tresult = 0;
	}


	// 計測時間をナノ秒で返す
	public long nanotime()
	{
		return tresult;
	}
}


// メイン
public class StopWatch1 {
	public static void main( String[] args ) {
		// ストップウォッチクラスを作成
		MyStopWatch1 sw = new MyStopWatch1();

		// スタート
		sw.start();

		// 一定時間プログラムを停止
		try {
			// 1234ミリ秒を指定
			Thread.sleep( 1234 );
		}
		catch( InterruptedException e )
    		{
			return;
    		}

		// ストップ
		sw.stop();


		// 時間計測結果を表示
		// 計測時間をナノ秒で取得
		long tnsec = sw.nanotime();

		// 処理時間 ミリ秒
		double tmsec = (double)tnsec / 1000000.0;

		// 処理時間 秒
		double tsec = tmsec / 1000.0;

		System.out.println( "時間 : " + tnsec + "ナノ秒   "
					+ tmsec + "ミリ秒   " + tsec + "秒" );
	}
}

このソースについての記事はこちら「ストップウォッチ その1」です。

 

■新着情報

2021.08.04 書式指定でコンソール出力 printf()とは?

■広告

 

 

 

 

Topへ