Javaプログラミング学習サイト ゆるゆるプログラミング

2021/12/21 公開

・現在の日時を取得

日時を扱うLocalDate/LocalDateTimeクラスを使って、現在の日付・時刻を取得し、その値をコンソール出力する方法を説明します。

LocalDate0.java ← クリックしてダウンロードページに移動
001:    import java.time.LocalDate;
002:    import java.time.LocalDateTime;
003:    
004:    public class LocalDate0 {
005:    	public static void main( String[] args ) {
006:    		// 現在の年月日を取得して出力
007:    		LocalDate ld = LocalDate.now();
008:    		System.out.println( ld );
009:    
010:    		// 現在の年月日と時分秒を取得して出力
011:    		LocalDateTime ldt = LocalDateTime.now();
012:    		System.out.println( ldt );
013:    	}
014:    }

LocalDate0を実行

C:\talavax\javasample>java LocalDate0

実行時の年月日(1行目)/年月日+時刻(2行目)をコンソール出力します。

LocalDate0.javaの出力結果の例

2021-12-21
2021-12-21T12:05:48.258

それでは、このソースコードを上から順番に解説していきます。

001:    import java.time.LocalDate;

「java.time」パッケージにあるLocalDateクラスを使うための記述です。 この記述により、LocalDateクラスが利用できるようになります。

002:    import java.time.LocalDateTime;

「java.time」パッケージにあるLocalDateTimeクラスを使うための記述です。 この記述により、LocalDateTimeクラスが利用できるようになります。

004:    public class LocalDate0 {

クラス名を、LocalDate0としています。

005:    	public static void main( String[] args ) {

このmainメソッドからプログラムを実行します。

006:    		// 現在の年月日を取得して出力
007:    		LocalDate ld = LocalDate.now();

LocalDateクラスのnowメソッドで、現在の年月日を取得しています。

LocalDate.nowメソッド

static LocalDate now()
■デフォルトのタイムゾーンのシステム・クロックから現在の日付を取得

  パラメータ なし

  戻り値     現在の日付のLocalDateオブジェクト

008:    		System.out.println( ld );

LocalDateクラスのオブジェクトldをprintlnメソッドに渡して、コンソール出力しています。

010:    		// 現在の年月日と時分秒を取得して出力
011:    		LocalDateTime ldt = LocalDateTime.now();

LocalDateTimeクラスのnowメソッドで、現在の年月日と時分秒を取得しています。

LocalDateTime.nowメソッド

static LocalDateTime now()
■デフォルトのタイムゾーンのシステム・クロックから現在の日時を取得

  パラメータ なし

  戻り値     現在の日時のLocalDateTimeオブジェクト

012:    		System.out.println( ldt );

LocalDateTimeクラスのオブジェクトldtをprintlnメソッドに渡して、コンソール出力しています。

以上です。

■関連コンテンツ

カレンダー(暦) カレンダー(暦)について解説
カレンダー(暦) その2 カレンダー(暦)について解説
生年月日から年齢を計算 生年月日から年齢を計算する方法を解説
時間計測 時間を計測する方法を解説
日時 日時の操作について

■新着情報

2021.12.21 現在の日時を取得 いまの年月日、時分秒?

■広告

Topへ