Javaプログラミング学習サイト ゆるゆるプログラミング

2021/07/29 公開

・五十音の表作る

五十音の表は、平仮名(ひらがな)または、片仮名(カタカナ)を縦に5文字、横に5文字つ並べたものです。(下図)

五十音の表(平仮名)

ここでは、printlnを使って平仮名(ひらがな)の表の作り方を説明します。

この表の作り方は非常に単純で、printlnメソッドを使い、出力する文字列を行ごとに出力するだけです。以下が、そのJavaソースコードです。

PrintSample50on.java ← クリックしてダウンロードページに移動
001:    public class PrintSample50on {
002:    	public static void main( String[] args ) {
003:    		System.out.println( "んわらやまはなたさかあ" );
004:    		System.out.println( "  り みひにちしきい" );
005:    		System.out.println( "  るゆむふぬつすくう" );
006:    		System.out.println( "  れ めへねてせけえ" );
007:    		System.out.println( " をろよもほのとそこお" );
008:    	}
009:    }

PrintSample50onの出力結果

んわらやまはなたさかあ
  り みひにちしきい
  るゆむふぬつすくう
  れ めへねてせけえ
 をろよもほのとそこお

平仮名の文字コードが、'あ'~'ん'まで連続であれば、for文などのループを使うことができるのですが、実際には連続になっていません。小文字('ぁ'、'ぃ'など)が'あ'~'ん'の文字コードの間にあります。

このため、printlnを使って直接表を出力しています。

数平仮名の文字コードは、こちらの記事を参考にしてください。「Unicode 3000-3FFF」

以上です。

■関連コンテンツ

値のコンソール表示 print()、println()とは?
九九(くく)の表を作る方法を解説-画像

九九(くく)の表を作る

九九(くく)の表を作る方法を解説

掛け算なしで九九(くく)の表を作成-画像

九九(くく)の表を作る2

掛け算を使わないで九九(くく)の表をコンソール出力する方法を説明

2次元配列で九九(くく)の表-画像

九九(くく)の表を作る3

九九の計算結果を2次元配列に入れて、その値をコンソール出力する方法を説明

九九(くく)の表を書式指定で-画像

九九(くく)の表を作る4

printfで書式を指定して、九九の表を作成する方法を説明

■新着情報

2021.09.24 配列の値が全て同じか? 全ての配列値の一致確認

Topへ