2022.08.28

Javaプログラミング

カウントアップ

for文を使って、変数値をカウントアップする方法を説明しています。

ここでは、1から10まで1ずつ増やしていくカウントアップJavaソースコードを説明します。

カウントアップのJavaソースコード

カウントアップを行うJavaソースコードです。

CountUp.java

001
002
003
004
005
006
007
public class CountUp {
	public static void main( String[] args ) {
		// カウントアアップ
		for ( int i = 1; i < 11; i++ )
			System.out.println( i );
	}
}

実行結果

カウントアップを実行

C:\talavax\javasample>java CountUp

出力結果

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

1から10までの数字が、コンソール出力されます。

Javaソースコードの解説

001
public class CountUp {

クラス名を、CountUpとしています。

002
	public static void main( String[] args ) {

このmainメソッドからプログラムを実行します。

003
004
		// カウントアアップ
		for ( int i = 1; i < 11; i++ )

for文を、初期化式をi = 1継続条件式i < 11、変化式をi++で作成しています。

これで、初期値i=1の値が、変化式i++によって1ずつ増えていきます。i++は、i = i + 1と同じです。継続条件式i < 11とすることで、i = 11になったときにfor文を終了します。

005
			System.out.println( i );

printlnメソッドで、変数iの値をコンソール出力しています。

次のコンテンツ

for文を使って、数字を順番に減らす方法を詳しく説明しています。

2022.08.28

関連するコンテンツ

処理を繰り返すために使用するfor文について解説しています。

2020.03.23

for文などのループ中に、さらにループがある多重ループについて解説しています。

2021.02.09

1から10の整数値のうち、偶数だけをコンソール出力するJavaのソースコードを紹介しています。for文を使って作成しています。

2022.09.05

1から10の整数値のうち、偶数だけをコンソール出力するJavaのソースコードを紹介しています。while文を使って作成しています。

2022.09.05

1から10の整数値のうち、奇数だけをコンソール出力するJavaのソースコードを紹介しています。for文を使って作成しています。

2022.09.05

1から10の整数値のうち、奇数だけをコンソール出力するJavaのソースコードを紹介しています。while文を使って作成しています。

2022.09.05

for文を使って、数字を順番に減らす方法を詳しく説明しています。

2022.08.28

広告