Javaプログラミング学習サイト ゆるゆるプログラミング

・Javaソースダウンロード(ArrayReverse_double.java)

double型の配列の値(要素)を反転するJavaのソースコードです。

このソースについての記事はこちら「配列値の反転」です。

ArrayReverse_double.javaをダウンロード

ダウンロードしたファイルはzip形式です。解凍して使ってください。Windowsの場合、ダウンロードしたzipファイルをマウスの右ボタンでクリックして表示されるポップアップメニューから「すべて展開(T)」で解凍できます。

public class ArrayReverse_Double {
	// 配列を反転するメソッド
	private static void array_reverse( double[] values )
	{
		// 処理回数
		int count = values.length / 2;
		if ( 1 > count ) return;

		// 交換位置
		int s, e;

		// 反転処理
		s = 0;			// 先頭の添え字
		e = values.length - 1;	// 最後の添え字
		for ( int i = 0; i < count; ++ i ) {
			// 交換処理
			double w = values[ s ];
			values[ s ] = values[ e ];
			values[ e ] = w;

			++ s;
			-- e;
		}
	}

	// メイン
	public static void main( String[] args ) {
		// 数値群
		double[] values = { 5.0,7.0,8.0,1.0,3.0,2.0 };

		// 配列の値を反転
		array_reverse( values );

		// 結果を確認
		for ( int i = 0; i < values.length; ++ i ) {
			System.out.println( values[ i ]  );
		}
	}
}

このソースについての記事はこちら「配列値の反転」です。

 

■新着情報

2022.07.06 完全数 6=1+2+3

■広告

 

 

 

 

Topへ