2022.08.01

IT用語

ハードウェアとソフトウェア

ハードウェアは、コンピュータを動かすための物理的な機器のことです。

具体的には、パソコン、スマートフォン、タブレット、キーボード、マウス、プリンタ、HDDなどの補助記憶装置などがあります。実際に目に見えるものがハードウェアです。ハードウェアは、ソフトウェアとの対比語として使われます。

ソフトウェアは、処理を行うためのコンピュータプログラムのことで、物理的な実体はありません。

具体的には、基本ソフトウェアオペレーティングシステムOS)、各種ビジネスソフト、スマートフォンやタブレットで使用するアプリケーション、ゲームアプリなどがあります。ソフトウェアは直接的に目で見ることはできないですが、ファイルとして見ることができます。

ハードウェアとのの対比語として使われます。

関連コンテンツ

ビットマップ画像を構成する画素に赤(R)、緑(G)、青(B)の他に透過(A)を指定することができます。詳しくは、こちら。

ファイルは、データを取り扱うとき管理単位の一つで、ハードディスク、SSD,USBメモリ、CD/DVD/ブルーレイなどの記憶媒体に保存するときに使われます。詳しくは、記事をご覧ください。

Javaのプログラムを作ってみませんか?プログラミングに必要なものの用意から実行までを説明しています。

一般に使われている画像の色の種類ってどんなものがありますか?。色の種類ごとの用途も説明しています。

ソフトウェア、アプリケーションをコンピュータ(パソコン、タブレット、スマートフォンなどを含む)に追加して、使えるようにすることをインストールといいます。

JVM(Java Virtual Machine)は、OSとJavaの間で動作するソフトウェアで、Java仮想マシン、Javaバーチャルマシンと呼ばれます。詳しくは、記事をご覧ください。

オペレーティングシステムは、コンピューターに入っている基本のソフトウェアで、電源を入れると最初に起動します。オペレーティングシステムが持っている機能って何?