2020.03.23

演算子

代入演算子

代入演算子とは、右の値を左の値に代入する演算子で、代入文を短く記述できるものです。シンプルな代入演算子は'='でa=bのように使われます。これは、bをaに代入(コピー)するということを表してします。複合代入演算子は'='の前に四則演算ビット演算子ビットシフトなどの演算子を付けることで演算結果を代入するものです。例えば加算('+')の場合、a+=2というように記述します。これはa=a+2の同じでaに2を加えたものをaに代入という意味になります。

名称 演算子 短縮表記 意味
代入 = a = b a = b
加算代入 += a += b a = a + b
減算代入 -= a -= b a = a - b
乗算代入 *= a *= b a = a * b
除算代入 /= a /= b a = a / b
剰余代入 %= a %= b a = a % b
左シフト代入 <<= a <<= b a = a << b
右シフト代入 >>= a >>= b a = a >> b
ビット毎のAND代入 &= a &= b a = a & b
ビット毎のOR代入 |= a |= b a = a | b
ビット毎のXOR代入 ^= a ^= b a = a ^ b

代入演算子を使ったJavaソースコード

以下は代入演算子を使ったJavaソースコードです。

CalcSample.java

001
002
003
004
005
006
007
008
009
010
011
012
013
014
015
016
017
018
019
020
021
022
023
024
public class CalcSample {
	public static void main( String[] args ) {
		// 変数宣言
		int a;

		// 代入演算子
		a = 7;

		// 加算代入演算子
		a += 5;	// a = a + 5

		// 減算代入演算子
		a -= 2;	// a = a - 2

		// 乗算代入演算子
		a *= 10;	// a = a * 10

		// 除算代入演算子
		a /= 4;	// a = a / 4

		// 結果表示
		System.out.println( "代入演算子による計算結果は" + a + "です" );
	}
}

出力結果

代入演算子による計算結果は25です

出力した変数aの値は、25になりました。

ここから計算の途中経過を説明します。

006
007
		// 代入演算子
		a = 7;

a = 7で、変数aの値は7になります。

この値は任意なので、変更して結果の違いを確認してください。

009
010
		// 加算代入演算子
		a += 5;	// a = a + 5

a += 5で、変数aの値はaに5を足した12になります。

012
013
		// 減算代入演算子
		a -= 2;	// a = a - 2

a -= 2で、変数aの値はaから2を引いた10になります。

015
016
		// 乗算代入演算子
		a *= 10;	// a = a * 10

a *= 10で、変数aの値はaに10を掛けた100になります。

018
019
		// 除算代入演算子
		a /= 4;	// a = a / 4

a /= 4で、変数aの値はaを4で割った25になります。

次に読んでほしいコンテンツ

数値を2進数で表したときの各桁の「0」と「1」に対して演算を行えます。4種類の演算、AND(論理積)、OR(論理和)、XOR(排他的論理和)、NOT(否定)を詳しく説明しています。

2016.03.26

2進数の桁を左右のどちらかに指定回数だけずらすビットシフトについて詳しく解説しています。

2016.04.03

基本的な計算である足し算(加法)/引き算(減法)/掛け算(乗法)/割り算(除法)を行うプログラム作成。

2020.03.23

広告