Javaプログラミング学習サイト ゆるゆるプログラミング

2020/10/29 公開

・文字列→byte配列

ここでは、指定した文字列(String型)の文字コードをbyte配列に格納するStringクラスのgetBytesメソッドの使い方を説明します。

getBytesメソッドにStringを引数として渡すと、新しいbyte配列が作成され、その中に文字コードが格納されます。

getBytesメソッド

public byte[] getBytes( String str )
■指定された文字列の文字コードを新規のbyte配列に格納します。

  パラメータ str : 文字列

  戻り値     文字コードを格納した配列

以下は、StringクラスのgetBytesメソッドを使ったJavaソースコード例です。

StringtoByte.java ← クリックしてダウンロードページに移動
001:    public class StringtoByte {
002:    	public static void main( String[] args ) {
003:    		// 文字列
004:    		String str = "0123456789";
005:    
006:    		// byte配列
007:    	        byte[] code = str.getBytes();
008:    
009:    		// 結果の出力
010:    		for ( int i = 0; i < code.length; i++ )
011:    			System.out.println( code[ i ] );
012:    	}
013:    }

StringtoByte.javaの出力結果

48
49
50
51
52
53
54
55
56
57

文字列"0123456789"から変換した文字コードが10進数で出力されています。

1番上の48が'0'、1番下の57が'9'の文字コードです。

byte配列から文字列を作成する方法はこちらを参照してください。「文字列の作成と初期化」

以上です。

■関連コンテンツ

文字列 文字列について
ASCIIコード アスキーコードとは?
文字コード 文字コードについて
Unicode Unicode(ユニコード)
Javaの配列 同じ型の変数をまとめた配列について解説
文字数字を数値に変換 "12345"→12345
繰り返し処理に使用するfor文について解説-画像

for文

繰り返し処理に使用するfor文をJavaのソースコードを使って説明しています。

■新着情報

2022.07.06 完全数 6=1+2+3

■広告

Topへ