Javaプログラミング学習サイト ゆるゆるプログラミング

2020/03/23 公開

・コマンドライン引数

コマンドライン引数は、プログラム実行時に渡される値のことです。

Javaでは、mainメソッドで外部からの値を参照することができ、これらの値はString型の配列に格納されています。これがコマンドライン引数です。

多くのプログラムで、外部から使用する値を渡されることが必要になります。ここでは、プログラムに渡された引数の扱い方について解説します。

以下に、コマンドライン引数の受け取り方と渡し方と、コマンドライン引数の数を調べる方法をJavaのソースコードを使って解説しています。参考にしてください。

■解説

コマンドライン引数について コマンドライン引数の受け取り方と渡し方について解説
コマンドライン引数の数を調べる コマンドライン引数の数を調べる方法を解説

■新着情報

2021.06.23 配列の初期値 配列の生成直後の値は?
2021.06.18 変数の初期値 変数に値を代入しないで計算

■広告

Topへ