ゆるゆるプログラミング

・予約語と定数

予約語定数は、クラス名と変数名のルールを満たしているにもかかわらず、使用することができない識別子です。

以下は、予約語の一覧です。

予約語 意味
abstract 抽象クラス・抽象メソッドとして宣言
assert アサーション機能
boolean 変数の種類の1つ(boolean型)
break for、while、do..while、switchのブロックから抜ける
byte 変数の種類の1つ(byte型)
case switch文での条件定義
catch スルーされた例外に対する例外処理を記載する
char 変数の種類の1つ(char型)
class クラスの宣言
const 定数
continue for、while、do..while、switchのブロックの最後に移動
default switch文の全てのcase文に一致しなかった場合の処理を記載
do 繰り返し処理を記載
double 変数の種類の1つ(double型)
else ifで条件を満たさなかった場合の処理を記載
enum 列挙子
extends クラスの継承
final オーバーライドできないメソッド
finally 最後に実行する処理を記載
float 変数の種類の1つ(float型)
for 繰り返し処理を記載
goto 使用不可(Javaでは排除されている)
if 条件分岐
implements インタフェースの実装
import 特定のパッケージに含まれるクラスをインポートする
instanceof オブジェクトが、指定したクラスまたはその上位のクラスに属しているかどうかを調べる
int 変数の種類の1つ(int型)
interface インターフェイスの宣言
long 変数の種類の1つ(long型)
native ネイティブメソッド
new オブジェクトの作成(インスタンス化)
package クラスのパッケージを明示
private アクセス修飾子の1つ(同じクラス内だけでアクセス可能)
protected アクセス修飾子の1つ(同じクラス内、同じパッケージ、サブクラスからアクセス可能)
public アクセス修飾子の1つ(全てのクラスからアクセス可能)
return メソッドから抜ける
short 変数の種類の1つ(short型)
static オブジェクトを作成(インスタンス化)しなくても使用可能なクラス固有のメンバー
strictfp 浮動小数点数を厳密に処理する
super 親クラスのコンストラクタやメソッドを明示的に呼ぶ
switch 整数値によって処理を分岐する
synchronized マルチスレッドで同期をとるメソッド
this 現在処理を行っているオブジェクト(自クラス)
throw 明示的に例外オブジェクトを他に渡す
throws メソッドの呼び出し側での例外処理
transient シリアライズの対象から除外する
try 例外をスルーする可能性がある処理を記載
void 戻り値がない型
volatile マルチスレッドで起こるメモリの不整合を防ぐ
while 繰り返し処理を記載

以下は、定数の一覧です。

定数 意味
false boolean型の偽値
true boolean型の真値
null null値

■関連コンテンツ

変数について Javaで扱う変数について解説

■新着情報

2017.11.17 N値化 カラー画像をN値化する方法について解説
2017.11.16 最も近い値の取得 指定値に最も近い配列の値を取得する方法を解説
2017.10.02 アルファ値(透過) アルファ値(透過)について

■広告

法人向けのETC専用カード

~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~ 企業向けプログラミング研修ならCodeCamp

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

Topへ