ゆるゆるプログラミング

・解像度

解像度(画像解像度)は、画像の細かさを値にしたもので、ある長さあたりの画素ピクセル)数で表します。この値が大きことを解像度が高い、小さいことを解像度が低いといいます。

以下が、良く使われる解像度です。

単位名 読み方 説明
dpi ディーピーアイ 解像度のことで、1inchあたりの画素数を表します。1inch=25.4mm
印刷やPDF・画像を作るときに指定する単位で、解像度が大きいほど綺麗な見た目
になります。
ppi ピーピーアイ 解像度のことで、1inchあたりのピクセル数を表します。1inch=25.4mm
印刷やPDF・画像を作るときに指定する単位で、解像度が大きいほど綺麗な見た目
になります。
dpm ディーピーエム 解像度のことで、1mmあたりの画素数を表します。

解像度は、画像ファイルが持っている値で、画像を作成する過程で付与されます。一般的に画像は、スマートフォン、タブレット、デジタルカメラ、FAX機、イメージスキャナ、画像加工ソフトからの出力で作成されます。

では、解像度はどんなときに使うのかを説明していきます。

解像度は、画像ファイルサイズ、画像の品質、印刷の仕上がり、画像認識/解析結果などにかかわって

印刷するには、解像度300~350dpiが最適で、最低でも220dpiが必要といわれています。解像度が高くてもプリンタなどの印刷機の性能を超える仕上がりにはなりません。

日テレ大時計

時計板の7の部分を拡大してみました。

画素の説明

文字”7”が画素の集まりで作られていることがわかります。1つの画素は1つの色情報だけを持ち、その形は正方形(一般的には)です。

■関連コンテンツ

画素 画素について説明
ITで使われる単位 ITで使われる単位を紹介

■新着情報

2019.09.13 長さの単位変換 1マイル、1フィートは何m?
2019.09.06 クイックソート 高速に配列に並び替える方法
2019.09.05 中央値(メディアン) 配列に格納されている値の中央値を求める
2019.09.05 最頻値 配列から出現回数が最も多い値の取得
2019.09.03 配列値の反転 配列の反転処理
2019.08.05 トランプの操作 トランプを操作するクラス

■広告

法人向けのETC専用カード

~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~ 企業向けプログラミング研修ならCodeCamp

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

Topへ