ゆるゆるプログラミング

・閾値(しきいち、いきち)とは

閾値は、「しきいち」または「いきち」と読みます。閾値は、条件を分岐するための境界の値です。

画像処理の分野で閾値を使う代表的な処理は2値化処理です。以下はその処理のイメージで、画素色の濃度が閾値以上であれば白色にし、濃度が閾値未満であれば黒色に変換して2色の画像を作成しています。

元の画像元の画像      2値画像2値画像

また、このサイトでは閾値を使ったエッジ(境界)を検出も紹介しています。以下はその処理のイメージで、隣合った画素の色濃度の絶対値の差が閾値を超えたら境界と判定する処理です。

元の画像元の画像      エッジ検出画像エッジ検出

■関連コンテンツ

2値化 カラー画像を2値化する方法について解説
エッジ(境界)検出 カラー画像をN値化する方法について解説

■新着情報

2019.09.13 長さの単位変換 1マイル、1フィートは何m?
2019.09.06 クイックソート 高速に配列に並び替える方法
2019.09.05 中央値(メディアン) 配列に格納されている値の中央値を求める
2019.09.05 最頻値 配列から出現回数が最も多い値の取得
2019.09.03 配列値の反転 配列の反転処理
2019.08.05 トランプの操作 トランプを操作するクラス

■広告

法人向けのETC専用カード

~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~ 企業向けプログラミング研修ならCodeCamp

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

Topへ