Javaプログラミング学習サイト ゆるゆるプログラミング

2020/03/23 公開

・閾値(しきいち、いきち)とは

閾値は、「しきいち」または「いきち」と読みます。閾値は、条件を分岐するための境界の値です。

画像処理の分野で閾値を使う代表的な処理は2値化処理です。以下はその処理のイメージで、画素色の濃度が閾値以上であれば白色にし、濃度が閾値未満であれば黒色に変換して2色の画像を作成しています。

元の画像元の画像      2値画像2値画像

また、このサイトでは閾値を使ったエッジ(境界)を検出も紹介しています。以下はその処理のイメージで、隣合った画素の色濃度の絶対値の差が閾値を超えたら境界と判定する処理です。

元の画像元の画像      エッジ検出画像エッジ検出

■関連コンテンツ

2値化 カラー画像を2値化する方法について解説
エッジ(境界)検出 カラー画像をN値化する方法について解説

■新着情報

2021.06.18 変数の初期値 変数に値を代入しないで計算
2021.05.28 短針と長針の角度 短針と長針の角度は?
2021.05.19 各位(くらい)を求める 1の位の値は?10の位は?

■広告

Topへ