ゆるゆるプログラミング

・画素

画素は、デジタル画像データを構成している色情報を持った点のことです。ピクセル(pixel)、ドット(dot)とも呼ばれます。

画像データ/印刷した紙/ディスプレイの表示などは、画素を縦横に規則正しく並べたもので作られています。

画素の並び方についての詳細はこちらを参照してください。「画像の座標系」

それでは実際の画像で、画素の並び方を見てみましょう。

以下は、写真のデジタルデータで、画素の集まりで出来ています。

日テレ大時計

時計板の7の部分を拡大してみました。

画素の説明

文字”7”が画素の集まりで作られていることがわかります。1つの画素は1つの色情報だけを持ち、その形は正方形(一般的には)です。

■関連コンテンツ

画像の色 画像の色について解説
画像の座標系 画像の座標系について解説
光と色の3原色 光と色の3原色の考え方を解説

■新着情報

2020.03.13 計算の優先順位 演算子(+、-、×、÷)の計算の優先順位

■広告

法人向けのETC専用カード

~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~ 企業向けプログラミング研修ならCodeCamp

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

Topへ