Javaプログラミング学習サイト ゆるゆるプログラミング

2017/03/15 公開

・画素

画素は、デジタル画像データを構成している色情報を持った点のことです。ピクセル(pixel)、ドット(dot)とも呼ばれます。

画像データ/印刷した紙/ディスプレイの表示などは、画素を縦横に規則正しく並べたもので作られています。

画素の並び方についての詳細はこちらを参照してください。「画像の座標系」

それでは実際の画像で、画素の並び方を見てみましょう。

以下は、写真のデジタルデータで、画素の集まりで出来ています。

日テレ大時計

時計板の7の部分を拡大してみました。

画素の説明

文字”7”が画素の集まりで作られていることがわかります。1つの画素は1つの色情報だけを持ち、その形は正方形(一般的には)です。

■関連コンテンツ

画像の色 画像の色について解説
画像の座標系 画像の座標系について解説
画像処理とは 画像処理とは何かを解説
色をARGB値に分解 色情報→ARGB
光と色の3原色の考え方を解説-画像

光と色の3原色

光の3色(RGB)の混合と、インクの3色(CMY)の混合の考え方を説明しています。

■新着情報

2021.06.18 変数の初期値 変数に値を代入しないで計算
2021.05.28 短針と長針の角度 短針と長針の角度は?
2021.05.19 各位(くらい)を求める 1の位の値は?10の位は?

■広告

Topへ