ゆるゆるプログラミング

・データ型

Javaで扱うデータ型は大きく分けて2つに分類されます。1つはプリミティブ型で、もう1つは参照型です。

プリミティブ型は基本となるデータの型で、以下の8つがその型です。

型名 分類 情報量 値の範囲
boolean 論理型 1bit true または false
char Unicodeの1文字 16bit \u0000 ~ \uFFFF
byte 符号付き整数型 8bit -128(-27) 〜 127(27-1)
short 符号付き整数型 16bit -32768(-215) 〜 32767(215-1)
int 符号付き整数型 32bit -2147483648(-215) 〜 2147483647(215-1)
long 符号付き整数型 64bit -9223372036854775808(-231) 〜 9223372036854775807(231-1)
float 単精度浮動小数点数 32bit ±3.40282347E+38 ~ ±1.40239846E-45
double 倍精度浮動小数点数 64bit ±1.79769313486231570E+308 ~ ±4.94065645841246544E-324

参照型プリミティブ型以外の全ての型です。Javaのプログラミングでよく使われるString型も参照型の1つです。

プリミティブ型参照型の違いは、メモリでの管理方法です。プリミティブ型の値はスタック領域に格納され、参照型には保持する値の格納場所(アドレス)が格納されます。このとき保持する値はヒープ領域に格納されます。

■関連項目

変数について Javaで扱う変数について解説

■新着情報

2017.11.17 N値化 カラー画像をN値化する方法について解説
2017.11.16 最も近い値の取得 指定値に最も近い配列の値を取得する方法を解説
2017.10.02 アルファ値(透過) アルファ値(透過)について

■広告

法人向けのETC専用カード

~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~ 企業向けプログラミング研修ならCodeCamp

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

Topへ