Javaプログラミング学習サイト ゆるゆるプログラミング

2016/01/26 公開

・ラジアン←→角度 変換

ここでの角度x軸を0°とした反時計周りの角度のことで、ラジアンは角度0~360°を0~2π(パイ)で表したものです。ラジアンの計算式はラジアン=角度×π/180となり、同様に角度の計算式は角度=ラジアン×180/πとなります。この式を使って1ラジアンを計算すると360/2π≒57.3°となります。

以下は、θ(シータ)が1ラジアンを表している図で、円の半径と円弧が同じ長さであることを示しています。θ=2πラジアン(360°)のとき、円弧の長さは円周の長さと同じになるので2πrです。θ=2πラジアンのとき円弧の長さが2πrなので、任意のラジアンの円弧長は円弧長=θ×(2πr/2π)=θ×rで計算することができます。 この式にθ=1を代入すると円弧長=rとなり円の半径と円弧長が一致することがわかります。

1ラジアン

それでは、度単位の角度とラジアンを相互変換するメソッドを紹介します。

角度からラジアンへの変換はMathクラスのtoDegreesメソッドラジアンから角度への変換はMathクラスのtoRadiansメソッドを使います。

Math.toDegreesメソッド

public static double Math.toDegrees( double a )
■引数aで指定したラジアンを角度に変換した値を返します。

  パラメータ a : ラジアン

  戻り値     角度(単位:度)

Math.toRadiansメソッド

public static double Math.toRadians( double a )
■引数aで指定した角度をラジアンに変換した値を返します。

  パラメータ a : 角度(単位:度)

  戻り値     ラジアン

■関連コンテンツ

逆三角関数 asin asinの意味と、Math.asinの使い方について解説
逆三角関数 acos acosの意味と、Math.acosの使い方について解説
sinの意味と、Math.sinの使い方について解説-画像

三角関数 sin

sinの意味と、Math.sinメソッドの使い方をソースコードを使って解説しています。

cosの意味と、Math.cosの使い方について解説-画像

三角関数 cos

cosの意味と、Math.cosメソッドの使い方をソースコードを使って解説しています。

tanの意味と、Math.tanの使い方について解説-画像

三角関数 tan

tanの意味と、Math.tanメソッドの使い方をソースコードを使って解説しています。

π(パイ)の意味と、Math.PIの使い方について解説-画像

円周率π(パイ)

π(パイ)の意味と、Math.PIの使い方について解説

■新着情報

2021.03.31 神経衰弱 1人で神経衰弱
2021.03.10 最も近い座標を探す 1番近い座標は?
2021.03.09 フィボナッチ数列(配列) フィボナッチ数列(配列)

■広告

Topへ