ゆるゆるプログラミング

・極座標系

極座標系は、原点からの距離rとx軸から反時計回りの偏角θの組み合わせ(r,θ)で座標を表すものです。

極座標系

一般的に使われている(x,y)を表現する直交座標と極座標の関係式はx=rcosθ、y=rsinθです。これを図で表すと以下のようになります。

直交座標系と極座標系の関係

上の関係式の関係の求め方をもう少し詳しく書きます。次の図は、sinθcosθについて描いた図で、半径1で角度がθのときx座標がcosθに、y座標がsinθになります。ここで半径をrとするとx座標とy座標もr倍になるので、rcosθとrsinθがそれぞれ求めるxとyになります。

サインとコサイン

■関連コンテンツ

画像の座標系 画像の座標系について解説

■新着情報

2017.11.17 N値化 カラー画像をN値化する方法について解説
2017.11.16 最も近い値の取得 指定値に最も近い配列の値を取得する方法を解説
2017.10.02 アルファ値(透過) アルファ値(透過)について

■広告

法人向けのETC専用カード

~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~ 企業向けプログラミング研修ならCodeCamp

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

Topへ