Javaプログラミング学習サイト ゆるゆるプログラミング

2016/01/07 公開

・逆三角関数 acos

acos(アークコサイン、逆余弦)とは、cosθの値からθを求めるものです。

Math.acosメソッド

public static double Math.acos( double a )
■引数aで指定した値の逆余弦 (アークコサイン)を返します。

  パラメータ a : 余弦 (コサイン)の値。

  戻り値     aの逆余弦 (アークコサイン)をラジアンで戻す。

このメソッドを使うときに注意することを書いておきます。

1つ目は、渡す引数の範囲は-1.0~1.0であるということです。範囲外の値を引数として渡すとメソッドNaNを戻します。

2つ目は、戻り値の角度(ラジアン)の範囲は0.0~πであるということです(πはパイ)。ある角度θをMath.cosメソッドに代入して得られた値を、Math.acosメソッドに代入するとθ'が得られたとします。その結果は、必ずしもθ=θ'となりません。それは、同じ値のcosを示す角度は、0~2π(360°)の中に1または2つあるからです。cosθ=1のときθ=0(0°)、cosθ=-1のときθ=π(180°)となり、θを1つだけ求めることが出来ますが、それ以外のときはθの候補が2つ存在します。Math.acosのメソッド戻り値の範囲を0.0~πとすることでθの候補を1つに絞っています。

以下の図は、cosθとcos(360°-θ)が同じになることを示している図で、cosに渡す角度が違ってもcosの値が同じになることが分かります。

acos

acosを使うときの参考にしてくさだい。

■関連コンテンツ

ラジアン←→角度 変換 角度、ラジアンの相互変換について解説
逆三角関数 asin asinの意味と、Math.asinの使い方について解説
逆三角関数 atan atanの意味と、Math.atanの使い方について解説
sinの意味と、Math.sinの使い方について解説-画像

三角関数 sin

sinの意味と、Math.sinメソッドの使い方をソースコードを使って解説しています。

cosの意味と、Math.cosの使い方について解説-画像

三角関数 cos

cosの意味と、Math.cosメソッドの使い方をソースコードを使って解説しています。

tanの意味と、Math.tanの使い方について解説-画像

三角関数 tan

tanの意味と、Math.tanメソッドの使い方をソースコードを使って解説しています。

π(パイ)の意味と、Math.PIの使い方について解説-画像

円周率π(パイ)

π(パイ)の意味と、Math.PIの使い方について解説

半径1の円-画像

単位円

単位円は半径が1の円のことです。単位円と三角関数(sinθ、cosθ)の関係についても解説しています。

単位ベクトルとは-画像

単位ベクトル

単位ベクトルは長さが1のベクトルのことです。任意の長さのベクトルを単位ベクトルに変換する方法も解説しています。

■新着情報

2021.06.18 変数の初期値 変数に値を代入しないで計算
2021.05.28 短針と長針の角度 短針と長針の角度は?
2021.05.19 各位(くらい)を求める 1の位の値は?10の位は?

■広告

Topへ