ゆるゆるプログラミング

・逆三角関数 acos

acos(アークコサイン、逆余弦)とは、cosθの値からθを求めるものです。

Math.acosメソッド

public static double Math.acos( double a )
■引数aで指定した値の逆余弦 (アークコサイン)を返します。

  パラメータ a : 余弦 (コサイン)の値。

  戻り値     aの逆余弦 (アークコサイン)をラジアンで戻す。

このメソッドを使うときに注意することを書いておきます。

1つ目は、渡す引数の範囲は-1.0~1.0であるということです。範囲外の値を引数として渡すとメソッドはNaNを戻します。

2つ目は、戻り値の角度(ラジアン)の範囲は0.0~πであるということです(πはパイ)。ある角度θをMath.cosメソッドに代入して得られた値を、Math.acosメソッドに代入するとθ'が得られたとします。その結果は、必ずしもθ=θ'となりません。それは、同じ値のcosを示す角度は、0~2π(360°)の中に1または2つあるからです。cosθ=1のときθ=0(0°)、cosθ=-1のときθ=π(180°)となり、θを1つだけ求めることが出来ますが、それ以外のときはθの候補が2つ存在します。Math.acosのメソッド戻り値の範囲を0.0~πとすることでθの候補を1つに絞っています。

以下の図は、cosθとcos(360°-θ)が同じになることを示している図で、cosに渡す角度が違ってもcosの値が同じになることが分かります。

acos

acosを使うときの参考にしてくさだい。

■関連コンテンツ

円周率π(パイ) π(パイ)の意味と、Math.PIの使い方について解説
ラジアン←→角度 変換 角度、ラジアンの相互変換について解説
三角関数 sin sinの意味と、Math.sinの使い方について解説
三角関数 cos cosの意味と、Math.cosの使い方について解説
三角関数 tan tanの意味と、Math.tanの使い方について解説
逆三角関数 asin asinの意味と、Math.asinの使い方について解説
逆三角関数 atan atanの意味と、Math.atanの使い方について解説

■新着情報

2017.11.17 N値化 カラー画像をN値化する方法について解説
2017.11.16 最も近い値の取得 指定値に最も近い配列の値を取得する方法を解説
2017.10.02 アルファ値(透過) アルファ値(透過)について

■広告

法人向けのETC専用カード

~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~ 企業向けプログラミング研修ならCodeCamp

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

Topへ