Javaプログラミング学習サイト ゆるゆるプログラミング

2020/03/23 公開

・単位円

単位円とは、半径1の円のことです。

単位円

単位円上の座標(x,y)とsinθcosθの関係は下の図より、y=sinθ、x=cosθであることが分かります。

単位円とsinθ、x=cosθの関係

また、単位円上の座標(x,y)と原点座標(0,0)の距離は1なので以下の式が成り立ちます。

単位円の式

さらに、この式をy=sinθとx=cosθで表すと以下の式になります。

単位円の式(三角関数)

これらの式は、ピタゴラスの定理から簡単に導き出せます。

■関連コンテンツ

逆三角関数 asin asinの意味と、Math.asinの使い方について解説
逆三角関数 acos acosの意味と、Math.acosの使い方について解説
極座標系 極座標系について解説
sinの意味と、Math.sinの使い方について解説-画像

三角関数 sin

sinの意味と、Math.sinメソッドの使い方をソースコードを使って解説しています。

cosの意味と、Math.cosの使い方について解説-画像

三角関数 cos

cosの意味と、Math.cosメソッドの使い方をソースコードを使って解説しています。

tanの意味と、Math.tanの使い方について解説-画像

三角関数 tan

tanの意味と、Math.tanメソッドの使い方をソースコードを使って解説しています。

単位ベクトルとは-画像

単位ベクトル

単位ベクトルは長さが1のベクトルのことです。任意の長さのベクトルを単位ベクトルに変換する方法も解説しています。

■新着情報

2021.03.31 神経衰弱 1人で神経衰弱
2021.03.10 最も近い座標を探す 1番近い座標は?
2021.03.09 フィボナッチ数列(配列) フィボナッチ数列(配列)

■広告

Topへ