ゆるゆるプログラミング

・if文

if文は、条件式を判断して処理を分岐するために使用します。その一般的な書き方は、以下のとおりです。

以下は、条件を満たしている場合、{ ~ }の波括弧で囲まれている範囲の全ての処理文を実行する書き方です。条件を満たしてない場合は、処理文は実行されません。

    if ( 条件式 ) {
        処理文1
        処理文2
           :
    }

以下は、条件を満たしている場合、1行の処理文を実行する書き方です。条件を満たしてない場合は、処理文は実行されません。

    if ( 条件式 ) 
        処理文

以下は、条件を満たしている場合、{ ~ }の波括弧で囲まれているブロック1の全ての処理文を実行する書き方です。条件を満たしてない場合は、{ ~ }の波括弧で囲まれているブロック2の全ての処理文を実行します。

    if ( 条件式 ) {
        処理文11     ← ブロック1
        処理文12
           :
    }
    else {
        処理文21     ← ブロック2
        処理文22
           :
    }

以下は、条件を満たしている場合、ブロック1の1行の処理文を実行する書き方です。条件を満たしてない場合は、{ ~ }の波括弧で囲まれているブロック2の全ての処理文を実行します。

    if ( 条件式 )
        処理文11     ← ブロック1
    else {
        処理文21     ← ブロック2
        処理文22
           :
    }

以下は、条件を満たしている場合、{ ~ }の波括弧で囲まれているブロック1の全ての処理文を実行する書き方です。条件を満たしてない場合は、ブロック2の1行の処理文を実行します。

    if ( 条件式 ) {
        処理文11     ← ブロック1
        処理文12
           :
    }
    else
        処理文21     ← ブロック2

次に条件文で使う記号(関係演算子という)について説明します。関係演算子は、値どうしを比べて、その結果が真(true)か偽(false)で返します。

意味 演算子 使用例 使用例の結果
より大きい >(半角) ( a > b ) aがbより大きければ→true 以下であれば→false 
以上 >=(半角) ( a >= b ) aがb以上であれば→true 小さければ→false 
より小さい <(半角) ( a < b ) aがbより小さければ→true 以上であれば→false
以下 <=(半角) ( a <= b ) aがb以下であれば→true 大きければ→false
等しい ==(半角) ( a == b ) aとbが等しければ→true 等しくなければ→false
等しくない !=(半角) ( a != b ) aとbが等しくなければ→true 等しければ→false

■関連コンテンツ

switch文 式による処理の分岐に使用するswitch文について解説
変数について Javaで扱う変数について解説

■新着情報

2017.11.17 N値化 カラー画像をN値化する方法について解説
2017.11.16 最も近い値の取得 指定値に最も近い配列の値を取得する方法を解説
2017.10.02 アルファ値(透過) アルファ値(透過)について

■広告

法人向けのETC専用カード

~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~ 企業向けプログラミング研修ならCodeCamp

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

Topへ