Javaプログラミング学習サイト ゆるゆるプログラミング

2016/03/02 公開

・ループ(繰り返し)

ループは、ある条件を満たすまで特定の処理を繰り返すことです。Javaには、for文while文do~while文ループを作ることができます。

ループには、ループの前方で継続の条件を判定する前判定ループと、ループの後方で継続の条件を判定する後判定ループがあり、Javaのfor文while文前判定ループdo~while文後定ループです。

以下は、前判定ループの書き方です。継続条件式が前方にあり、処理文を実行する前に継続の判定をすることを意味しています。

    for ( 初期化式; 継続条件式; 変化式 ) {
        処理文1
        処理文2
           :
    }

    while ( 継続条件式 ) {
        処理文1
        処理文2
           :
    }

以下は、後判定ループの書き方で、継続条件式が後方にあることがわかります。これは、処理文を実行した後で継続の判定をすることを意味しているので、必ず1回は処理文が実行されます。

    do {
        処理文1
        処理文2
           :
    while ( 継続条件式 );

一般的には、処理の回数が分かっている場合はfor文、それ以外はwhile文、またはdo~while文を使います。

また、継続条件を常に満たし続けているループ無限ループ、または永久ループといいます。Javaでは、以下のように書くことで無限ループが作れます。

    for ( ; ; ) {
        処理文1
        処理文2
           :
    }

    while ( true ) {
        処理文1
        処理文2
           :
    }

    do {
        処理文1
        処理文2
           :
    while ( true );

無限ループから抜け出す方法は、break文ループを抜ける方法と、return文メソッド自体を抜ける方法の2つがあります。

■ループ詳細

for文 繰り返し処理に使用するfor文について解説
while文 繰り返し処理に使用するwhile文について解説
do~while文 繰り返し処理に使用するdo~while文について解説
break文 ループから処理から抜け出る
continue文 ループの先頭に戻る

■関連コンテンツ

条件による処理の分岐に使用するif文について解説-画像

if文

条件による処理の分岐に使用するif文について解説

九九(くく)の表を作る方法を解説-画像

九九(くく)の表を作る

九九(くく)の表を作る方法を解説

掛け算なしで九九(くく)の表を作成-画像

九九(くく)の表を作る2

掛け算を使わないで九九(くく)の表をコンソール出力する方法を説明

2次元配列で九九(くく)の表-画像

九九(くく)の表を作る3

九九の計算結果を2次元配列に入れて、その値をコンソール出力する方法を説明

三角形を描く(テキスト版) その1-画像

三角形を描く(テキスト版) その1

for文を使ってテキストの直角三角形を表現する方法を解説しています。底辺が下になる直角三角形です。

三角形を描く(テキスト版) その2-画像

三角形を描く(テキスト版) その2

for文を使ってテキストの直角三角形を表現する方法を解説しています。底辺が上になる直角三角形です。

for文の中にfor文-画像

多重ループ

for文などのループの中にループをいれたプログラムの構造、多重ループについて説明しています。

■新着情報

2021.06.18 変数の初期値 変数に値を代入しないで計算
2021.05.28 短針と長針の角度 短針と長針の角度は?
2021.05.19 各位(くらい)を求める 1の位の値は?10の位は?

■広告

Topへ