ゆるゆるプログラミング

・マンハッタン距離

マンハッタン距離とは、2つの座標(x1,y1)と(x2,y2)が与えられたとき、x座標の差の絶対値|x2-x1|と、y座標の差の絶対値|y2-y1|を足したものです。

下の図は、(x1,y1)と(x2,y2)の、マンハッタン距離lを表したものです。

マンハッタン距離マンハッタン距離

これは、アメリカ ニューヨーク市のマンハッタン区のように道路が正方形のブロックで区切られている場合に、車が出発地から目的地に到達するまでに実際に移動しなければならない距離を表しています。

■関連コンテンツ

絶対値
2点間の距離 2点間の距離計算

■新着情報

2017.11.17 N値化 カラー画像をN値化する方法について解説
2017.11.16 最も近い値の取得 指定値に最も近い配列の値を取得する方法を解説
2017.10.02 アルファ値(透過) アルファ値(透過)について

■広告

法人向けのETC専用カード

~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~ 企業向けプログラミング研修ならCodeCamp

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

Topへ