ゆるゆるプログラミング

・ウサギ算

ウサギ算とは、1対のウサギが1ヶ月毎に1対のウサギを産んでいく場合に、数が月後にウサギの対の数がいくつになるかを計算するものです。

ウサギの増やし方の条件は、生まれたばかりの子ウサギの対が1ヶ月後に親ウサギになり、その1ヶ月後から1ヶ月毎に1対のウサギを産み続けます。そして、全てのウサギは死ぬことなく生き続けるというものです。

ここからは、ウサギの対の絵を使ってウサギの増え方を説明していきます。

・1ヶ月目は、1対の子ウサギから開始します。

ウサギ算 子ウサギの対子ウサギの対

・2ヶ月目は、1対の子ウサギが親ウサギになります。

ウサギ算 子ウサギが親ウサギになる子ウサギが親ウサギになる

・3ヶ月目は、1対の親ウサギが1対の子ウサギを産みます。これで、ウサギの対が2になりました。

ウサギ算 親ウサギ    ウサギ算 生まれた子ウサギ生まれた子ウサギ対

・4ヶ月目からは、下の図のようにウサギの対が増えていきます。

ウサギ算

ウサギの数は、1ヶ月目は1対、2ヶ月目は1対、3ヶ月目は2対、4ヶ月目は3対、5ヶ月目は5対になっています。この数がウサギ算で得られる数です。

■関連コンテンツ

フィボナッチ数列 フィボナッチ数列

■新着情報

2017.11.17 N値化 カラー画像をN値化する方法について解説
2017.11.16 最も近い値の取得 指定値に最も近い配列の値を取得する方法を解説
2017.10.02 アルファ値(透過) アルファ値(透過)について

■広告

法人向けのETC専用カード

~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~ 企業向けプログラミング研修ならCodeCamp

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

Topへ