ゆるゆるプログラミング

・コマンドライン引数

コマンドライン引数は、プログラム実行時に渡される値のことです。

Javaでは、mainメソッドで外部からの値を参照することができ、これらの値はString型の配列に格納されています。これがコマンドライン引数です。

多くのプログラムで、外部から使用する値を渡されることが必要になります。ここでは、プログラムに渡された引数の扱い方について解説します。

以下に、コマンドライン引数の受け取り方と渡し方と、コマンドライン引数の数を調べる方法をJavaのソースコードを使って解説しています。参考にしてください。

■解説

コマンドライン引数について コマンドライン引数の受け取り方と渡し方について解説
コマンドライン引数の数を調べる コマンドライン引数の数を調べる方法を解説

■新着情報

2019.09.13 長さの単位変換 1マイル、1フィートは何m?
2019.09.06 クイックソート 高速に配列に並び替える方法
2019.09.05 中央値(メディアン) 配列に格納されている値の中央値を求める
2019.09.05 最頻値 配列から出現回数が最も多い値の取得
2019.09.03 配列値の反転 配列の反転処理
2019.08.05 トランプの操作 トランプを操作するクラス

■広告

法人向けのETC専用カード

~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~ 企業向けプログラミング研修ならCodeCamp

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

Topへ